MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

モノマックス6月号 通常号

最新号のご案内

モノマックス6月号 通常号

2022年5月9日(月)
特別価格:990円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

珈琲好きなライダーのお供に

アウトドアでコーヒーを美味しくいただけるギア

バイクと珈琲は相性が良く、実際、珈琲好きなライダーも多い。ツーリングやちょっとしたバイクライドの際、休憩場所としてカフェに立ち寄ったり、また一息つく時に自販機で珈琲を買ったりすることも多々ある。

そして、昨今のキャンプツーリングブームもあり、大自然の中で珈琲を美味しく飲みたいという人も増えてきている。そこで今回は、そんな人にピッタリのコーヒーギアをご紹介。珈琲器具メーカーとして世界的にも有名なHARIOグループのハリオ商事が展開する「Zebrang(ゼブラン)」は、スタイリッシュなアウトドアギアにこだわる人に向けたアウトドア用コーヒーギアブランド。

これさえあれば、アウトドアシーンで、楽しく、美味しく、そしてカッコよく珈琲を楽しむことが可能。”カッコイイ”&”珈琲”&”アウトドア”という言葉に敏感なライダーであれば、きっと手に入れたくなるアイテムとなっている。

新たなアウトドアコーヒーの楽しみを体験

アウトドア用コーヒーギアブランド「Zebrang(ゼブラン)」は、「キャンプの楽しみを、もうひとつ持って行こう」をテーマとして、アウトドアコーヒーの新たな体験を提供するコーヒーギアとして展開をおこなっている。

コロナ禍で趣味や遊びの我慢を余儀なくされている現在、そんな中でも人の心を豊かにしてくれる趣味や嗜好品を提供できないかと模索する中で生まれたこのブランドは、アウトドアシーンで美味しい一杯を楽しむことができる。

お気に入りの豆を挽き、湯を沸かし、ゆっくりと珈琲を淹れ、自然の中で静かに楽しむ。シンプルだけど、普段自宅やコーヒーショップで飲む感覚とはまた違った感覚を味わえ、それが癒しや心のゆとり、そして幸福に変わるはず。

ちなみに公式アンバサダーには、元俳優で現在はコーヒー焙煎士として活躍している坂口憲二氏が起用されている。

揃えたくなる機能的でスタイリッシュなギアたち

Zebrang(ゼブラン)のコーヒーギアとしては、ハンドルをバンド部分に収納可能なコンパクト設計と調節ツマミを回すだけで簡単に粗さ調節ができるハンドコーヒーミルをはじめ、素材にシリコーンゴムを使用し、コンパクトに丸めて簡単に持ち運べるも、ハリオ伝統のV60ドリッパーの特徴を生かして本格的なコーヒーを淹れることができるV60フラットドリッパーや保温性に優れたマグとストレーナーを組み合わせて、誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れる真空二重マグコーヒーメーカーに本格的なコーヒーを楽しむための湯量や温度、そして細やかな注ぎをサポートしてくれる計量ドリップポット、そしてクリアな味わいを愉しめ、環境にも優しいV60ペーパーフィルター02Wを展開。

フィルター以外のアイテムは、その洗練されたフォルムと落ち着きのあるブラックカラーも魅力的で、思わず全て揃えたくなってしまうほど。

ツーリングやキャンプ、そしてちょっとしたショートトリップ&ライド等、これらをバッグに入れておけば、毎回、美味しい珈琲を手軽に愉しむことができる。珈琲好き、アウトドア好き、そしてバイク好きならきっとマッチするギアとなっている。

ZEBRANG

ハンドコーヒーミル

価格:¥4,950

サイズ:W150×D53×H190mm

コーヒー粉24g 2杯用

 

真空二重マグコーヒーメーカー

価格:¥3,300

サイズ:W120×D93×H107mm

実容量:300ml

 

計量ドリップポット

価格:¥1,650

サイズ:W177×D78×H128mm

実容量:350ml

 

V60フラットドリッパー

価格:¥1,650

サイズ:

径120×H85mm(ドリッパー)

W130×D75×H15mm(ホルダー)

実容量:1〜4杯

 

V60ペーパーフィルター02W

価格:¥231(50枚入)

実容量:1〜4杯用

 

【問い合わせ】

ハリオ商事:zebrang.hariocorp.co.jp/contact_us.html

公式ホームページ:zebrang.hariocorp.co.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/ハリオ商事

ライター/安室淳一

ライター/安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

Instagram:@freerider1226

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

トラディショナル ウェザーウェア 大容量長財布

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求し…