MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

「NIKE(ナイキ)」50年のスニーカー史を振り返る「SNEAKER MUSEUM」開催!

誕生50年を超えてなおスニーカーファンを魅了し続ける「NIKE(ナイキ)」のスニーカーを、創立期のコルテッツやエアジョーダン等のビンテージオリジナルモデルから復刻に至るまで網羅した、世界でも類を見ないミュージアムが期間限定でオープンしました!

「ニューバランスが誇る究極形」美と機能を兼ね備えた“Made in USA 993 WS”をスニーカー系ライターが体験レポート

第1弾は3月19日(土)~4月7日(木)で、最初期の72年~80年のオリジナルモデルを中心に展示されます!

「NIKE(ナイキ)」50年のスニーカー史を振り返る「SNEAKER MUSEUM」開催!

様々なスニーカーのモデルや歴史背景に詳しい”キュレーター”達が集まり、時代やテーマごとにアイテムをセレクトし、その背景情報とともに展示やイベントを実施。「NIKE(ナイキ)」が日本で製造されて50周年という節目の年に、1970年初頭に登場したモデルを皮切りに、半世紀分もの歴史を振り返る展示を数ヶ月に渡り行われます。

第1弾は、コルテッツやブレザーなど創立期のオリジナルモデルが集結。レザー、スエード、ナイロンなどの素材違いだけでなく、製造国や製造年違いなど、普段見る事の出来ない世界的にも貴重なアイテムを展示。

「NIKE(ナイキ)」50年のスニーカー史を振り返る「SNEAKER MUSEUM」開催!

従来の展示はアイテムのみが主流でしたが、過去に阪急メンズ東京で好評だった”SNEAKER MUSEUM by KCKC”でも実施したテクノロジーを活用した”読めるスニーカー”の仕組みを採用。より博物館をイメージした形で”スニーカーガイド”としてお楽しめます。

【SNEAKER MUSEUM 第1弾】

期間:2022年3月19日(土)~4月7日(木)※予定

場所:阪急メンズ東京 8階『GINZA SNEAKER HILLS』SNEAKER MUSEUM

取材・文/本間 新

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「ニューバランスが誇る究極形」美と機能を兼ね備えた“Made in USA 993 WS”をスニーカー系ライターが体験レポート

「これが本物のY2Kスタイル」今年復刻を果たしたアディダス名作“ADISTAR CUSHION”をスニーカー系ライターが体験レポート

吉田カバンと……“激アツ”なポンプフューリー、注目必至「ナイキの名作が復刻」ほか【スニーカーの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「靴ひもが長すぎてダサッ……」スニーカーの悩みを“100円で解決できる”超簡単DIY術をスタイリストがレクチャー!

「ナイキの90年代名作が進化」再びストリートを席巻!“エア テラ フマラ”最新作をスニーカー系ライターが体験レポート

「次世代のフットウェア」革新とデザインの結晶!アシックス ノバリスの“GEL-TEREMOA”をスニーカー系ライターが体験レポート

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ