MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    アウディ“らしさ”さらに高まる ピュアEV!【今語りたい名車 Car No.48】

    「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。

    本ブログでは、これまで当連載で扱ってきた名車を1台ずつ紹介しています。

    第48回の名車はアウディ eトロン スポーツバックです。

    山内さんが、
    「アウディ“らしさ”が強く伝わってくる」
    「最強のアウディ」
    と絶賛するアウディ eトロン スポーツバックとは、果たしてどんなクルマなのか?

    アウディ AUDI モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

    アウディ初の市販ピュアEVとして2020年に上陸したのが、このeトロン・スポーツバックです。

    アウディ AUDI モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

    アウディお得意の5ドアクーペとSUVを融合させたようなスタイリッシュなボディは、全長4900㎜、全幅1935㎜、全高1615㎜と大柄な部類。

    前後輪の間で動力伝達がないため床面の張り出しはほとんどなく、居住空間は広々としています。

    床下には総電力量95kWhのリチウムイオンバッテリーが敷き詰められ、前後に1基ずつ配置されたモーターが駆動をまかなう電子式のクワトロシステムを採用。

    「55クワトロ・ファーストエディション」では、システム全体で最高出力300kW、最大トルク664Nm。一充電あたりの走行距離はWLTCモードで405㎞。50kWのCHAdeMOで30分の急速充電を行えば、約117kmの航続可能距離を得られるアナウンスされています。

    アウディ AUDI モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

    流れるようなラインを描くクーペ風スタイルながら室内は広々。上質な居住空間は快適さに満ちています。

    アウディ AUDI モノマックス EV 山内一典 グランツーリスモ

    バックミラーはカメラの映像を室内Aピラーの根本に映すデジタル式。距離感が掴むまでは多少慣れが必要かもしれません。

     

    取材・文/嶋田智之 写真提供/アウディ ジャパン

    (本文の内容は2022年本誌掲載時点のもの)

    MonoMax編集部

    MonoMax編集部

    カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

    Twitter:@monomaxweb
    Instagram:@monomax_tkj

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…