MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    BBQ文化を創り上げて70周年、美味しさを引き立てるウェーバーのグリル。

    時代を経ても色褪せない名作がある。Weber(ウェーバー)のBBQグリルもそのひとつだ。小さな進化を重ねながら、オリジナルの機能美を継承する逸品。世界中で選ばれるのには確かな理由がある。

    Weberとは?

    BBQ文化を創り上げて70周年、美味しさを引き立てるウェーバーのグリル。
    1952年にBBQの本場アメリカで誕生したバーベキューグリル専門メーカー。革新をもたらした同社の蓋付きグリルは今ではアウトドアクッキングの定番品になりつつある。創業から70周年を迎えた現在、同社のグリルは世界70カ国以上で販売されている。

    BBQ文化を育んだ発明と改革

    “発明のきっかけは海洋ブイ、革命はここから始まった”

    海洋ブイ工場で働くジョージ・スティーブンは、自宅で行うBBQの時間を誰よりも愛していた。しかし彼は、もっと火力コントロールのしやすいグリルはないだろうか?と考えていた。ある日、彼は海上用ブイを製作している時に閃いた、「1個のブイを半分にカットし、下部の半球をクッキングボウルとして、上半分を蓋にしたらグリルが出来るのでは?」と。そして2つに切った海洋ブイに空気弁と脚を付けた。これがWeberのBBQグリルのデザインベースになり、ブランド誕生の端緒になったことは言うまでもない。

    ウェーバー

    鋼製の海上用ブイを半分にカットするという創業者・ジョージのアイデアが、デザインのルーツ。

    ウェーバー

    1952年、創業当時のファーストモデル。蓋付きの形状は現行モデルへと踏襲されている。

    ジョージが作った上蓋付きグリルは、円形だったため熱伝導に優れ、食材がジューシーに焼き上がるというメリットをもたらし、瞬く間にアメリカ中のBBQファンを虜にした。アウトドアクッキングの世界に革命を巻き起こしたWeberのグリルは、その後も着々と支持を集め、今では世界70カ国以上で販売されるまでに成長を遂げた。

    ウェーバー

    全米中が画期的なグリルの形に感嘆し、やがてアメリカのアイコン的存在になった。

    ウェーバー

    創業から70年の歴史の中でさまざまな製品が生み出され、世に送り出されてきた。

    日本でも家のベランダや庭、最近はキャンプで使っている人をよく見かける。多くの製品を有し、さまざまな使用場所やニーズに対応している点も愛用者が多い理由の1つだ。特に美しいホウロウ加工を施した蓋付きのチャコールグリルはブランドの象徴的存在で、煙が出にくい上、食材へ均一に火を通しながらスモーキーに仕上げる性能においては随一である。伝統を守りながら先進的なテクノロジーを取り入れてきたWeber。だからこそファンが世界中で今も増え続けているのだ。

    70周年を記念した限定グリルが登場!

    モノマックス2023年3月号のご案内

    3月号通常号

    モノマックス2023年3月号

    MonoMax3月号通常号

    2023年2月9日(木)発売
    特別価格:1,090円(税込)

    モノマックス2023年3月号を見る

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…