MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ホンダの新型「CT125・ハンターカブ」が超優秀!“キャンプの相棒”としてもっと進化した一台に

執筆者:

ホンダのバイクで名車といえば真っ先に思い浮かぶのが「カブ」。その誕生は1952年なので、もう70年も前のこと。以来、多少のアップデートを繰り返し現在は「スーパーカブ」を主軸に50ccモデル、110ccモデル、125ccモデルの3排気量で展開しているシリーズ。
そんな「スーパーカブ」のレジャーモデルとして人気の「CT125・ハンターカブ」に新型モデルが登場。来たる2022年12月15日(木)に発売となる。

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

ソロキャンにも使えるレジャーモデル「CT125・ハンターカブ」

新型「CT125・ハンターカブ」

新型「CT125・ハンターカブ」

大自然の中、トレッキングを楽しむようにツーリングを楽しめるモデルとして誕生した「ハンターカブ」は、1981年に110ccモデルとして販売。より排気量の大きい125ccモデルとして2019年に「CT125・ハンターカブ」が登場した。

新型「CT125・ハンターカブ」

新型「CT125・ハンターカブ」はアウトドアを楽しめるツーリングモデルということもあり、環境に配慮した最新の排出ガス規制に対応した新エンジンを搭載。しかも排出ガス規制に対応しながら最高出力は向上を図っているという。さらにリアサスペンションには、5段階のスプリング初期荷重が調整可能なプリロードアジャスターを追加した。

この記事のタグ

この記事を書いた人

矢作優一(Leonardo 45)

スタイリスト矢作優一(Leonardo 45)

アウトドア、インテリア、フードと多岐にわたってスタイリングを手掛ける。撮影で使うプロップを集めるうちに、モノ好きが覚醒。ジャンルや新旧を問わず珍しいアイテムを手にとってみたい衝動が抑えられず、山のように積まれた最新ギア、ビンテージモノ、ジャンク品に囲まれた暮らしをしている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

「唯一無二の個性を放つ650cc」ロイヤルエンフィールドのニューバイク“SHOTGUN650”の魅力がすごい

「車が高すぎて買えない…」物価高騰の奥の手となる“衝撃コスパSUV”に驚き!ホンダの新型WR-Vを自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

「BMWの世界観を存分に味わえる」一目見る価値ある車両も展示、BMWのブランドストア“FREDE by BMW”が麻布台ヒルズにオープン!

「最高のスポーツバイク」街乗りのコーナリングさえも楽しい“スズキ GSX-8R”なら充実のバイクライフが叶う

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!