• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 8月号

7月9日(木)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

新しいiPhoneを早速さわってレビューしてみました!

ライター/村元正剛

9月10日(日本時間の11日未明)、遂にiPhoneの最新モデルが発表されました。

すでに新聞やネットのニュースで、NTTドコモからも発売されることや、
ハイエンドと廉価版の2モデルが発売されることを知り、
どれを買おうかなぁ~と考えている人も多いのではないでしょうか?

アメリカでの発表の翌日、つまり本日、
日本でも報道向けの発表会が開催されました。
そこで新しいiPhone 2モデルにいち早く触れてきたので、
率直な印象などをお伝えしたいと思います!
01
手前が64bitのA7チップ搭載のiPhone 5s。後ろが5色展開の廉価版モデルiPhone 5c。

 

フラッグシップとなるiPhone 5sは、事前の噂どおり新色ゴールドが追加され、
カラーバリエーションは3色になりました。

ディスプレイはiPhone 5と同じ4インチで、サイズや重さも同じ。
ボタンレイアウトにも変更はありません。

新しいiOS 7(9月18日から配信されます)を搭載しているので、
iPhone 5とはまったく異なる使い心地ですが、
iPhone 5をiOS 7にアップデートしたら、
さほど大きな進化とは感じないかもしれないなぁ~なんて思いました。
02
左からゴールド、スペースグレイ、シルバー。背面デザインはiPhone 5を踏襲していました。

03
左側面にサウンドオン/オフボランと音量調節ボタンを搭載。厚さはiPhone 5と同じ7.6mm。

04
電源ボタンは本体の右上。前モデルと同様に、iPhone 5sは細部まで高品位に仕上がっています。

05
底面にヘッドフォンジャック、Lightningコネクタ、スピーカー、マイクを配置。

06
4インチのRetinaディスプレイ。デザインを一新したiOS 7が初期搭載されています。

されど、iPhone 5sの真価は外見にあらず。
64bitのA7チップを搭載していることが最大のアドバンテージです。

iPhone 5と比較して約2倍のパフォーマンスを実現しているそうで、
非常になめらかにサクサクと操作できました。

iOS 7は、壁紙とアイコンがレイヤー構造になっているなど、
グラフィックが進化しているので、最新OSを快適なパフォーマンスで楽しみたいのなら、
やはり選択肢は「5s」に絞られるのではないかと思います。

07
スマートフォン向けでは世界初の64bitアーキテクチャを搭載した最新のA7チップを採用。
前モデルiPhone 5と同様以上の電池持ちを実現しつつ、処理速度は2倍になったそうです。

08
iOS 7から追加された「コントロールパネル」。Wi-Fiのオン/オフ、
画面の明るさなどを素早く変更でき、ワンタッチでフラッシュを点灯させて、
キーライトとして使うといったことも。

09
Safariもバージョンアップ。タブはこんなに立体的に表示されます。

 新しく搭載されたTouch ID(指紋認証センサー)も試してみました。
ホームボタンにセンサーが組み込まれており、ボタンを軽くタッチするだけでロックを解除でき、
iTunes StoreやApp Store利用時のユーザー認証にも使えるそうです。

 Touch IDには最大5つの指紋を登録可能。
指紋の登録には、ボタンを数回タッチする必要があり、少々時間がかかりました。

ただし、一度登録してしまえば、ボタンをタッチする指先が少しずれていても、
また、どういう角度でタッチしても、瞬時に認識してくれます。

個人的に便利なだぁ~と感じたのは、このTouch IDを利用すれば、
画面スリープ状態から点灯させるときに電源ボタンを押す手間が省けること。
スリープ状態からワンタッチで画面点灯&ロック解除を行える仕組みです。
パスコード入力によるロック解除が面倒に感じている人にとっては、手放せない機能になると思います。
10
ホームボタンを指紋センサーとして使えるようになりました。
どんな角度からタッチしても認識してくれるのが便利。

11
ビデオで説明された指紋センサーの構造。
デザイン性を損なうことなく、新機能を追加させたのはお見事!

 カメラの性能も大きく進化していました。
画素数はiPhone 5と同じ8メガピクセルですが、画素を大きくすることで画質を向上。
F値2.2のレンズを搭載しており、暗い場所での撮影にも力を発揮してくれそうです。

また、フラッシュはLED2灯の「True Toneフラッシュ」というものに変更されています。
被写体の光源を自動で認識し、自然な色で撮れるように発光する仕組みで、
いわば“ホワイトバランス補正付きフラッシュ”といった印象。
さらに、手ブレ補正機能も強化されていました。
12
背面に8メガカメラとフラッシュを搭載。
フラッシュは2灯のLEDで最適な色に補正する仕組み。

 iOS 7ではカメラのインターフェイスが一新され、
フィルターを選択して撮影できたり、正方形の写真を撮れたりするのですが、
iPhone 5sでは「バーストモード」「スローモーションビデオ」にも対応しています。

バーストモー

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

MonoMax モノマックス marmot マーモット 保冷バッグ 保冷リュック 保冷トート 2way 付録 雑誌付録 モノマックスの付録 MonoMaxの付録

レジ袋代わりにも使えて、両手があくから便利!背負える保冷バッ…