MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

「一目惚れするスクーター」現代に蘇るイギリスのクラシカルスクーター“ロイヤルアロイ”は宝物的存在になる一台!

執筆者:

質の高いボディに快適な走りをプラス

雰囲気のある外観に惹かれるライダーも多いロイヤルアロイの大きな魅力となっているのが、フル・スチール・ボディ(スペースフレーム+スチールカバー)で、現在ボディ全体をスチールで構成している唯一のブランドとなっている。そのスタイリングは、1960–70年代当時のモデルを3Dスキャニングすることからはじまり、美しいフェンダーラインやレッグシールド、そしてサイドカバーと見事なプレスワークで再現している。

先進のデジタル液晶メーターを搭載 装備に関しては、現代のエンジンとオートマチックトランスミッションをはじめ、液晶メーター、12インチにの前後ホイールを備え、快適な走りを実現し、乗り物としての精度の高さも魅力となっている。

国内で展開されるタイプは2種類

スポーティなGPシリーズ スポーティなGPシリーズ日本国内で取り扱われているのは、GPシリーズとTGシリーズの2種類で、共に空冷125ccエンジン仕様と水冷125ccエンジンが用意されている。GPシリーズは、1970年代のランブレッタ「シリーズ3」を彷彿させるモデルとなり、スポーティと言われたDL/GPシリーズのプレスラインを忠実に再現、サイドカバーの矢羽風プレスの再現度が高く、また当時そのままのデザインを実現したアルミニウムでかたどられたヘッドライトが特徴となっている。

スマートな印象のTGシリーズ スマートな印象のTGシリーズ一方TGシリーズは、1960年代のランブレッタ「シリーズ2」をリバイバル。瞼のようなヘッドライドベゼルや美しいフレアラインを描くフロントフェンダー等が魅力。またローライダー・スタイルのダブル・シートもポイントとなっている。

両モデルともに豊富なカラーバリエーションも魅力となり、趣味のスクーターだからこそ、お気に入りの一台を手に入れて欲しいというブランドの想いが込められている。またこのモデルのひとつ上のクラスとなる250ccの空冷モデルの輸入も予定しているということで、250ccクラスが欲しいという人は是非早めの予約を!

Royal Alloy GP125/GP125S スペック
※()はGP125S
全長×全幅×ホイールベース(mm):1845×670×1115
総排気量(cc):124.6(124.2)
エンジン:空冷4サイクル単気筒2V SOHC(水冷4サイクル単気筒4V DOHC)
最高出力(kw/rpm):7.2/7500(10.5/9500)
最大トルク(Nm/rpm):9.2/7000(11.0/7500)
燃料タンク容量(L):10.5
車両重量:130kg(148kg)
価格:¥572,000(¥748,000)
カラー:フレイム・レッド、ミッドナイト・グレー、オーシャン・ブルー、マット・ブロンズ、シャー ウッド・グリーン(マット/シャイニー)、パール・ホワイト、アイボリー・ホワイト、マット・ブラック、ピューター・グレー、 メタル・ブルー、ジェット・ブラック、マット・シルバー、サンダー・グレー、カリビアン・ブルー、モダン・オレンジ、エクストリ ーム・グレー(単色合計17色)ウルトラ・ブルー&アイボリー、オデッセイ・レッド&アイボリー、ミント・グリーン&アイボリー、レモ ン・イエロー&アイボリー、フレイム・レッド&アイボリー(2トーン合計5色)

Royal Alloy TG125/TG125S スペック
※()はGP125S
全長×全幅×ホイールベース(mm):1845×670×1115
総排気量(cc):124.6(124.2)
エンジン:空冷4サイクル単気筒2V SOHC(水冷4サイクル単気筒4V DOHC)
最高出力(kw/rpm):7.2/7500(10.5/9500)
最大トルク(Nm/rpm):9.2/7000(11.0/7500)
燃料タンク容量(L):10.5
車両重量:130kg(148kg)
価格:¥638,000(¥847,000)
カラー:オデッセイ・レッド、ジェット・ブラック、マット・ブラック、シルバー(単色合計4色)ウルトラ・ブルー&アイボリー、オデッセイ・レッド&アイボリー、グレー&アイボリー、フレイム・レッ ド&アイボリー、オデッセイ・イエロー&アイボリー(2トーン合計5色)

【問い合わせ】
モータリスト  TEL:03-3731-2388
公式ホームページ https://royalalloy.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/モータリスト

この記事の画像一覧
  • 豊富に用意されたカラーラインナップも魅力
  • レトロポップな印象のツートーンカラー
  • スポーティなGPシリーズ
  • スポーティなGPシリーズ
  • スマートな印象のTGシリーズ
  • スマートな印象のTGシリーズ
  • 雰囲気のある外観に惹かれるライダーも多い
  • 快適な走りをサポートしてくれるサスペンション
  • 先進のデジタル液晶メーターを搭載
  • 画になるルックスのスクーターは数少ない
  • スムーズな加速で快適な走りを実現
  • リアルを目指したクラシカルスクーター
  • 高い質感もロイヤルアロイの魅力
  • 一台一台丁寧に仕上げられている

この記事の画像一覧を見る(14枚)

12

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

「唯一無二の個性を放つ650cc」ロイヤルエンフィールドのニューバイク“SHOTGUN650”の魅力がすごい

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!