MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

「爆売れ必然の電動アシスト自転車」パワフルモーターを搭載した“キックウェイ” 近未来型モデル2機種に注目

執筆者:

爆売れ必然の電動アシスト自転車「キックウェイ」! 近未来型モデル2機種が登場

この記事の画像一覧を見る(11枚)

まわりの人とはちょっと違ったギアを先取りしたいなら、電動アシスト自転車「KICKWEY(キックウェイ)」がおすすめ。アーバンクルーズタイプの「KW20-S」とハイスペックアウトドアタイプの「KW20-G」という近未来型モデル2機種はオプションによってアップグレード可能。スタイリッシュな筒型フレームデザインに極太タイヤを装着した、今までにはなかった電動アシスト自転車が登場したのだ。

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

パワフルなモーターを搭載した「KICKWEY」

パワフルなモーターを搭載した電動アシスト自転車「KICKWEY」電動アシスト自転車「KICKWEY」に搭載されるモーターは、ヨーロッパ基準である定格出力250Wを上まわるパワフル仕様。電圧は48Vで、定格出力500Wまたは1000Wのモーターをオプションで選択できるのだ。さらにバッテリー容量も15Ahか20Ahをチョイスすることで航続距離もググッとアップ。

バッテリー容量は15Ahか20Ahをチョイスすることができる電動アシスト自転車「KICKWEY」液晶ディスプレーには走行速度、走行距離、ギア、バッテリー残量、エラーコードが表示されるちなみに航続距離がどれくらい延びるかというと、15Ahモデルのアシストモードなら80〜100km、20Ah モデルなら120〜135kmといった具合。最大で35kmもの違いが出てくるので、使用したい目的に応じて選ぶのがベストな選択。15Ahモデルのフル充電最小航続距離でも80kmは走れるのだから、十分すぎるスペックなのではないだろうか。

個性に差が出る「KW20-S」と「KW20-G」

「KW20-S」は小型のヘッドライトにバーハンドル、ブレーキは機械式ディスクブレーキを採用電動アシスト自転車「KICKWEY」には、「KW20-S」と「KW20-G」の2モデルが存在する。どちらもアルミ合金製の筒型フレームにファットタイヤを装着したマッチョなスタイルという点は共通する。しかしアーバンクルーズタイプの「KW20-S」はスタンダードなモデル。小型のヘッドライトにバーハンドル、ブレーキは機械式ディスクブレーキを採用し、街乗りには十分なスペックとなっている。

「KW20-G」はガード付きヘッドライト、BMX風のサポートバー付きハンドル、ブレーキは油圧式ディスクブレーキを装備一方でハイスペックアウトドアタイプの「KW20-G」はメーカー希望小売価格にして2万円以内の差ながら、装着されるパーツがハイクラスな仕様。アウトドアで活躍するガード付きヘッドライトを装備し、BMX風のサポートバー付きハンドルがいかにも強靭。さらにブレーキは油圧式ディスクブレーキとなっているので制動力も抜群だ。

この記事のタグ

この記事を書いた人

坂東 漠

パーツデザイナー坂東 漠

スタンドがないと倒れる。ライダーの支えがないと自立できない。ライダーがいてもときにコケるといった2輪車の特性に魅了され、自転車、e-Bike、モーターサイクルの部品を開発。多くの人は気づかないが、それがないと成り立たないといったパーツを手がけている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「自転車通勤に最適バッグ」再ブーム到来!? “ビジネスでも超使える”珠玉のメッセンジャーバッグ3選【スタイリストが徹底解説】

10万円台で買える「間違いない」電動アシ自転車、ヤマハの最新作「パス クレイグ」ほか【自転車の人気記事ランキング】(2024年5月版)

「二刀流のすごいカバン」簡単3ステップでバックパックに早変わり!? 1つで2役こなすスーリーの新作パニアは隠し機能も満載

「親子ペアで楽しめるe-BIKE」パナソニックのゼオルトシリーズから子供向けの希少な“SJF”、日常使いに嬉しい“S3F”がデビュー!

「絶妙サイズの優秀デイパック」驚異の軽さと本格機能、マムート“トリオン”最小モデルはトレランから街まで大活躍間違いなし

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!