MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【ポテンシャル最強バイク】カワサキ「Ninja ZX-10R KRT EDITION」の潜在能力はモンスター級!?

執筆者:

スーパーバイク世界選手権で培われたパフォーマンスを発揮する「Ninja ZX-10R KRT EDITION」

この記事の画像一覧を見る(13枚)

ストリートではなかなか感じることのできないマシンの潜在能力。しかしサーキットへ持ち込むと、そのポテンシャルは明らかになってくる。スーパーバイク世界選手権で培われたエンジンパフォーマンスを発揮するカワサキの「Ninja ZX-10R KRT EDITION」。レーシング性能を持ちながら、ストリートライディングでもその片鱗を覗かせるスーパースポーツモデルにNEWカラー&グラフィックが登場した。

213.1馬力のモンスター

ライダーの負担となる風圧を軽減させる先進のエアロダイナミクスデザインを採用した「Ninja ZX-10R KRT EDITION」バイクで颯爽と走るとき、それは常に風圧との戦いになる。「Ninja ZX-10R KRT EDITION」はライダーの負担となるその風圧を軽減させる先進のエアロダイナミクスデザインを採用。一体型ウイングレット装備のカウルが優れた空力性能を発揮し、さらにダウンフォースを生み出すことで安定したコーナーリング走行となる。

一体型ウイングレット装備のカウルが優れた空力性能を発揮する「Ninja ZX-10R KRT EDITION」
一方で風圧をも味方につけるカワサキのスーパースポーツモデルは、カウルに沿って流れる空気をパフォーマンスに導入。圧縮されたラムエアが加わることで最高出力は213.1馬力ものパワーを発揮するのだ。エンジン回転が同じ13,200rpm時にラムエア加圧がない場合は203馬力なので、風圧を味方につけたことで、ざっくりとした計算だが10馬力もアップしたこととなる。

世界に知られた「Ninja」の最高峰

「Ninja ZX-10R KRT EDITION」は圧縮されたラムエアが加わることで最高出力は213.1馬力ものパワーを発揮トム・クルーズが演じたマーヴェリックこと、1986年公開の初代『トップガン』の登場により世界中で注目されることとなったカワサキの「Ninja」。2022年に公開された最新の『トップガン』でも「Ninja」が登場した。そこで採用されたのは、「Ninja H2」だ。「Ninja ZX-10R KRT EDITION」と同じく総排気量998cc、水冷4ストローク並列4気筒 DOHC 4バルブを搭載しながらも「Ninja H2」は重量級ツアラーモデル。

最高出力213.1馬力! カワサキ最高峰モデルとなる「Ninja ZX-10R KRT EDITION」劇中に登場するマーヴェリックの愛車「Ninja H2」はさまざまなカスタムが施され、ツアラーモデルというよりは軽快なスポーツモデルに仕立てられているが、「Ninja ZX-10R KRT EDITION」とは素性が違いすぎる。

「Ninja ZX-10R KRT EDITION」はS-KTRC、KQS、オーリンズ製ステアリングダンパーなど最先端のシステムを搭載穏やかなツアラーモデル「Ninja H2」に比べ、ハイパフォーマンスモデルとなる「Ninja ZX-10R KRT EDITION」はギアレシオも違い、アグレッシブそのもの。「Ninja H2 SX SE」は300万円越えの金額こそカワサキ最高値となるが、最高出力においては今回紹介している「Ninja ZX-10R KRT EDITION」が最高峰モデルとなるのだ。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

普通二輪免許で味わえるホンダの最高峰バイク、SHOEIの注目必至ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【刺激的な走りを思いのままに】ヤマハのロードスポーツモデル「MT-09」がデザイン、操縦性、先進性で更に進化!

【SHOEIの優秀ヘルメット】備えあれば憂いなし!ツーリングにもってこいの新型「GT-Air3」に注目必至

【人気スクーターを体験】ベスパ「GTS150クラシック」の乗り心地は?ショートツーリングに出かけてみた

【世界が注目するスズキのバイク】非日常感を手軽に味わえる「GSX-S1000GX」「GSX-8R」がついに発売開始!

バイク大賞に輝いた“憧れ”の一台、大人の風格漂うホンダの1100cc ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年2月)

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!