MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集本当に使える!新・三種の神器

【旅行や出張に最適な時計】これなら長時間使える! ロングバッテリーが嬉しい傑作ウォッチ4選

執筆者:

ロングバッテリー時計4選

この記事の画像一覧を見る(16枚)

暑い日は続きますが、今年の夏は行動制限がないため、いろいろな場所へ出向く方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は旅行や出張に役立つアイテムたちをピックアップ。夏の旅行や出張にも使える“ロングバッテリーの時計”を種類別にご紹介していきます。

編集長のお墨付き“オールブラック”のダイバーズ、「胸アツ秘話がたまらない」映画にまつわる名ウォッチほか【時計の人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

1. 手の届く機械式で安心して使える“セイコー プレザージュ”

SARX079 ¥121,000

セイコー プレザージュ/SARX079 ¥121,000

機械式腕時計といえば、日常的に身につけていないとゼンマイが巻かれていないため、止まってしまったりするイメージがあるかと思います。そんな機械式腕時計にもロングバッテリーと言える機能があります。それはパワーリザーブ。

パワーリザーブとはざっくりいうと、主ゼンマイを巻かずにいてもそのまま使える時間を表しており、一度巻き上げてその後放置しても〇〇時間は動きますよ、というものです。そんなパワーリザーブが搭載された機械式でオススメしたいのがこちらのモデル。

キャリバー6R35を搭載ムーブメントにはキャリバー6R35を搭載しており、前作のキャリバー6R15から20時間もパワーリサーブが伸びたことで、より使いやすくなっています。今作のパワーリザーブは70時間なので、金曜日の夜に外しても月曜の朝にそのまま使えることを表しており、ビジネスシーンでも活躍してくれます。

麻の葉をイメージした文字盤日本の伝統的な模様である麻の葉をイメージした文字盤は、凹凸もあって立体的な表情を味わえ、完成度の高さがわかります。濃淡のあるグリーンは角度によって見せる表情が変わり、視覚的にも楽しめる1本です。

この価格帯でこれだけ高性能なスペックを持つ機械式腕時計は非常に少ないので、これから機械式腕時計デビューしてみたいという方にもオススメです。

素材:ステンレススチールケース&ブレスレット、サファイアガラス
その他:ケース径39.3mm、日常生活用強化防水(10気圧)、自動巻(手巻つき)、パワーリサーブ最大70時間

[問い合わせ先]
セイコーウオッチお客様相談室
TEL:0120-061-012
URL:https://www.seikowatches.com

この記事のタグ

この記事を書いた人

小林知典

スタイリスト小林知典

1982年生まれ、福島県出身。スタイリスト栃木雅広氏に師事し独立。以後、雑誌・WEB・カタログを中心にスタイリングを手掛ける。最近ではアウトドアやインテリアにも興味を持ち、もっぱら収集する日々を送っている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

編集長のお墨付き“オールブラック”のダイバーズ、「胸アツ秘話がたまらない」映画にまつわる名ウォッチほか【時計の人気記事ランキングベスト3】(2024年5月版)

「4万円台の機械式腕時計」マリンな青×白が映える夏おすすめダイバーズ!“阿波藍染レザー”を付属したオープンハートに注目

「今さら聞けない時計の基礎知識」クロノグラフ、3針モデル……機械式腕時計の“パーツの呼び名”を知る

「腕元に優美に輝くドレスウォッチ」キングセイコーの新シリーズ・KS1969は生誕の地“東京”に着想を得た3色で登場

「カレラ×ポルシェ963」タグ・ホイヤーがモータースポーツのレガシーとイノベーションの架け橋となるタイムピースをローンチ

「男心をくすぐる激アツコラボ時計」今年140周年を迎えたブライトリングがトライアンフとコラボした“クロノマット”をローンチ

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ