MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集編集長が注目する新作「コレ買いです」

「ハンパない乗り心地 」イケてるE-バイクとして大注目なMATE.BIKEの新モデル/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.27

執筆者:

快適な乗り心地を実現する仕掛けであふれていた!

すこぶるよかった乗り心地さっそく試乗してみたわけなんですが、これがすこぶるよかったわけでして。

まずパワートレインが優秀で、ペダルを回転しはじめたときからスッと自然に、かつ力強くアシストが入ってきます。このあたり、相当に高い技術力が駆使されているはずです。

また、20×2.4インチというセミファットタイヤもちょうどいい感じでした。個人的にはもっと太めのタイヤも好みなんですけど、こちらでも十分イケてる雰囲気がありますし、しかも私が試した限り大半の駐輪場のサイクルスタンドにフィットするサイズに収まっているんですよね。都市生活での実用性を考えると、かなり優秀です。

エアサスペンションを装備したフロントフォークスプリングがついたリアサスペンション乗り心地のよさを高めてくれた大きな要因は、サスペンションのよさにもありました。エアサスペンションを装備したフロントフォークとスプリングがついたリアサスペンションを装備していて、段差を通過しても不快さを抑えてくれました。街中だと段差のある場所を通ることがけっこう多いですから、あるのとないのとでは雲泥の差だと思います。

ギアは9段変速ギアは9段変速。電動アシスト能力は日本の道交法に準拠する仕様になっていますが、変速機能を最大限に活用すればよりスポーティな走りを満喫できます。カチッカチッと操作感も心地よくて、ストレスがありませんでした。

エルゴノミックグリップを採用グリップにはエルゴノミックタイプを採用。上半身を傾斜させるスポーツバイクの場合、この広くなったグリップ部分に体重を預けることができるから長時間のライドでもラクなんですよね。腕や上半身のポジションもスムーズに決まったのも、「MATE Fusion」初試乗ながらすぐに乗りこなせた理由のひとつだと思いました。

コンパクトなLEDディスプレイE-バイクに欠かせないディスプレイは、実にコンパクトなLEDディスプレイを採用。親指サイズくらいで、ミニマルなデザインなのも好感触でした。アシストレベルや速度・距離など、必要な情報をごくシンプルに表示してくれます。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【自転車・オブ・ザ・イヤー】大賞は「スマートでパワフル、全方位で使えるe-BIKE」に決定!注目ベスト4選

【免許不要】メカ好きにはたまらない……安定感バツグンの3輪電動キックボード「AINOHOT ST3」が予約開始!

【日本初上陸のサイクルウェア】ヨーロッパを代表する「ファウデ」の快適で環境に優しい豊富なラインナップが見逃せない!

【カワサキの注目必至バイク】スポーツタイプでは初!電動モデル「Ninja e-1」「Z e-1」がいよいよデビュー

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!