MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集編集長が注目する新作「コレ買いです」

「ハンパない乗り心地 」イケてるE-バイクとして大注目なMATE.BIKEの新モデル/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.27

執筆者:

コンパクトに折りたためて邪魔にもならない!

工具を使うことなく、3つのステップで簡単に折りたためる折りたたんだときのサイズは、高さ68×長さ90×幅40cmMATE.BIKEといえば、折りたためるのも特徴です。工具を使うことなく、3つのステップで簡単に折りたたむことができました。はじめてのときは力を入れる方向や車体の抑え方にちょっと苦戦しましたけど、すぐに慣れるんだろうなと思います。

折りたたんだときのサイズは、高さ68×長さ90×幅40cm。これだけコンパクトなら、オフィスの片隅に置かせてもらえる許可も出やすいかも? 盗難されてしまうのも怖いですから、乗車しないときはなるべく身近なところに置きたいですね。

バッテリーは、本体のフレームに内蔵した仕様肝心のバッテリーは、本体のフレームに内蔵した仕様。外に露出されていないから見た目に洗練されていますし、防犯対策的にも有効なんです。本体中程を折りたたみ、カギでロックを外せばフレーム内から引き出せます。

なおバッテリーの出力は36V/13Ah(468Wh)で、最大アシスト走行距離は80km(13Ah)。休日の長距離ライドも十分対応します。

ハンドルの位置を手軽に変更できる細かいところですが、ハンドルの位置を手軽に変更できるのもよかったところでした。フレームには目盛りもついていて、どの高さでどのようなポジションになるのか、理解しやすい仕様です。「今日はゆったり走りたいな」「攻めた走りをしてみたい」など、そのときの気分に合わせて変更できます。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【自転車・オブ・ザ・イヤー】大賞は「スマートでパワフル、全方位で使えるe-BIKE」に決定!注目ベスト4選

【免許不要】メカ好きにはたまらない……安定感バツグンの3輪電動キックボード「AINOHOT ST3」が予約開始!

【日本初上陸のサイクルウェア】ヨーロッパを代表する「ファウデ」の快適で環境に優しい豊富なラインナップが見逃せない!

【カワサキの注目必至バイク】スポーツタイプでは初!電動モデル「Ninja e-1」「Z e-1」がいよいよデビュー

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!