MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集編集長が注目する新作「コレ買いです」

【G-SHOCKの集大成!?】フルメタルGのグラデーションカラーモデルは40周年にふさわしい傑作だった!/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.37

執筆者:

今回は、新たなカラーをまとったフルメタルGの新色「GMW-B5000BPC」をチェック

この記事の画像一覧を見る(9枚)

モノ・トレンド雑誌売上No.1「MonoMax」の編集長・奥家が、今一番気になるモノやトレンドを紹介する連載企画。今回は、新たなカラーをまとったフルメタルGの新色「GMW-B5000BPC」をチェックします!

G-SHOCK40周年を飾るにふさわしい新作フルメタルGが登場!

G-SHOCKは我々世代にとって、おそらく誰しも一度は通ってきた時計ブランド。実用性に優れる上に、圧倒的なタフネスを備えているなんてところは、めちゃくちゃ男心をくすぐりますよね。国民的家庭用ゲーム機も登場したのと同じ1983年に誕生し、頻繁に話題作が生まれては憧れを抱かせ続けてきた存在です。

G-SHOCK「GMW-B5000BPC」¥89,100(税込) ケース幅43.2×高さ49.3mm、20気圧防水、タフソーラー

G-SHOCK「GMW-B5000BPC」 ¥89,100(税込)
ケース幅43.2×高さ49.3mm、20気圧防水、タフソーラー

そんなG-SHOCKが40周年を迎えた昨年に登場したのが「GMW-B5000BPC」でした。最初に言ってしまうとこのモデル、「G-SHOCKの集大成」だと断言できるクオリティを備えた1本でした。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【G-SHOCKを着る】日常だってゴルフ気分な全9アイテム…「G-SHOCK PRODUCTS」最新コレクションは特別感満載!

“フルメタルG”周年モデルが傑作、究極のタフネス「レンジマン」最新作 ほか【G-SHOCKの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

驚きの衝撃コラボウォッチ、間違いない“国内ブランド”の新作 ほか【腕時計の人気記事 月間ベスト3】(2023年12月)

ガチで推したい“フルメタル”、買って間違いない大人な傑作 ほか【G-SHOCKの人気記事 月間ベスト3】(2023年12月)

【サバイバル仕様のG-SHOCK】まさに“マスター オブ G”レンジマン最新作は究極のタフネスウオッチだ!

【24年ぶりのG-SHOCK】動物モチーフの「GW-B5600」が見逃せない!チャールズ・ダーウィン財団とのコラボ復活

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!