MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【カワサキの注目必至バイク】スポーツタイプでは初!電動モデル「Ninja e-1」「Z e-1」がいよいよデビュー

執筆者:

新たな世代を担うスポーツタイプの電動モーターサイクル

この記事の画像一覧を見る(29枚)

昨年の秋に開催された2年に一度の乗り物の祭典「東京モビリティショー」では数多くの電動モビリティが展示されていた。だがその大半はクルマもしくは電動キックボードを含む特定小型原付区分のモデルであり、オートバイカテゴリーはごくわずかだった。だがその中でも一際賑わっていたのがカワサキのブース。そのブースに展示されていた注目の1台が、2024年1月に発売される「Ninja e-1」だ。

現状、国内メーカーの電動モデルといえばスクータータイプのみで、スポーツタイプはカワサキが初。2024年はこのモデルを皮切りに新たな電動バイクが登場してくると予想されている。静かで環境に優しいだけでなく、走りもパワフル。外観はオートバイながらも新たなモビリティとして捉え、快適かつ楽しく活用していきたいモデルとなっている。

ライダーにも周囲にも優しく、快適な走りを実現するモーター

「Z e-1」はパワーパッケージ(モーター&バッテリーケース)&トレリスフレームが織りなす機能美も新たな魅力「Ninja e-1」・「Z e-1」 の両モデルには、コンパクトなブラシレスモーターを搭載され、EVならではの力強い加速と低回転行きの優れたレスポンスを実現。優れたコントロール性能と停止状態からの素早い加速力を備えている。走行時には排気ガスを一切排出せず、音も静かで、ライダーにも周囲にも優しい。

加速と最高速を約15秒間アップさせ、追い越し加速などの際に便利なe-boost機能駐輪場などでの取り回しをアシストするウォークモードも搭載モードは通常走行モードである「ROAD」モードと速度を制限して航続距離を伸ばす「ECO」モードを搭載。また加速と最高速を約15秒間アップさせ、追い越し加速などの際に便利なe-boost機能や駐輪場などでの取り回しをアシストするウォークモードも搭載している。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

【自転車・オブ・ザ・イヤー】大賞は「スマートでパワフル、全方位で使えるe-BIKE」に決定!注目ベスト4選

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!