MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【ニュル7分台の最強BEV】“N”を冠したヒョンデのハイパフォーマンスEV「アイオニック 5 N」が日本上陸

執筆者:

「N」はヒョンデのハイパフォーマンスモデル

今回日本国内導入が発表された「アイオニック 5 N」は、日本再参入の急先鋒となった電気自動車「アイオニック5」の「N」モデル。

2基の永久磁石同期モーターを前後に搭載し、システムトータルで最高出力は609ps、最大トルクは740Nmに達する「N」モデルとはヒョンデのハイパフォーマンスモデルのブランドで、開発拠点のある韓国の南陽(Namyang)と開発テストの舞台であるドイツのニュルブルクリンク(Nürburgring)にちなんでつけられたという。ちょうどBMWの「M」モデルにあたると考えると理解しやすい。「アイオニック 5 N」は、「N」ブランド初の電気自動車(BEV)となる。

前後のトルク配分は「Nトルクディストリビューション」によって制御パワーユニットは2基の永久磁石同期モーターを前後に搭載、システムトータルでは最高出力は609ps。最大トルクは740Nmに達し、「N Grin Boost」と呼ばれるブースト機能を使うと650ps/770Nmにまで引き上げられる。

前後のトルク配分は「Nトルクディストリビューション」によってコントロールされるが、ドライバーが任意に設定することもできる。

アグレッシブなデザインのブラックバンパーでより高性能なイメージを演出

専用のルミナスオレンジストリップで包み込んだリアディフューザーで車両下段の空力性能を向上サスペンションはフロントがストラット、リアがマルチリンクで、Gセンサーと6軸ジャイロセンサーを使った大容量の可変ダンパーを搭載。リアには電子制御式のLSDも装備する。また、最大0.6Gの減速が可能な「Nブレーキリジェン」による回生ブレーキに加え、フロントには4ピストンの大径ブレーキを装備して、強力な制動性能を発揮する。

足もとは専用21インチ鍛造ホイール&ピレリ P-Zero タイヤを履く

内装はサーキット走行に最適化され、上質なドライビングエクスペリエンスを演出ステアリングパドルを使った仮想変速によって8速DCTのような加減速ができる「N eシフト」、シフトチェンジと連動して3つの走行サウンドが楽しめる「N アクティブサウンド+」、バッテリー温度を最適化する「Nバッテリープリコンディショニング、走行状況に合わせて最適なパフォーマンスを発揮できるようエネルギーマネジメントする「Nレース」など、パワー強化だけでなく、さまざまな先進デバイスも投入されている。

バケットシートはサーキット走行でのホールド性はもちろん、ヒーティング/ベンチレーション機能も備えた日常走行での快適性も確保ただ、この「アイオニック 5 N」の正式発表は6月5日で、予定車両価格は¥9,000,000前後(税込み)とアナウンスされただけで、正確な価格や装備など詳細はまだ明らかになっていない。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

「三菱の頼れる軽トラ」新色がカッコいい! 一部改良のミニキャブ トラックが安全性&利便性を進化させて登場

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ