MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集体験レポート

「新型ジープを体験」4代目初の改良で“ラングラーらしさ”と乗りやすさが飛躍的にアップ!? バーゲン価格も見逃せない!自動車ライターが試乗レポート

執筆者:

ジープのなかでもラングラーは武骨なスタイルや高い走破性などで人気のシリーズ

この記事の画像一覧を見る(14枚)

アメリカンSUVの代表格といえばジープ。軍用車に端を発する歴史など、唯一無二である。なかでもラングラーは武骨なスタイルや高い走破性などで人気のシリーズ。今回、改良が施され、さらに進化したラングラーに試乗してきたので、レポートしよう。

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

4代目ラングラーが初の改良を受けて大幅に進化

改良と言っても変更はアップデート的な細かい部分が中心アメリカ伝統のSUVと言えばやっぱりジープ。そのなかで、今でも伝統的なジープらしさで人気なのがラングラーだ。ガッチリとした角張ったスタイルと、機能美に溢れたインテリア。さらに現代流のセンスのよさもプラスして古くささを感じさせない、これぞジープの真骨頂だ。

初代ラングラーが登場したのが1987年のことで現行型は4代目となる。JL型と呼ばれ、登場したのは2018年になるので、すでに6年もの時間が経過。今回、初の改良を受けてさらに磨きをかけて登場したと言っていい。

6年ぶりとなる初めての改良と言っても、そこはゆるぎないのがラングラーのいいところで、変更はアップデート的な細かい部分が中心となっている。主なところをまずは整理してみると、外観ではフロントグリルのデザイン変更、アンテナを外部設置からフロントガラスへのプリントタイプとした。フロントガラス自体もスマホでお馴染みの強固なゴリラガラスとなり、ホイールのデザインも新しくなっている。

グレード体系は、エントリーモデルのスポーツ、サハラ、ルビコンの3つ内装は上級グレードのルビコンのみの採用だったパワーシートを中間グレードのサハラにも拡大採用。サイドカーテンエアバッグを全グレードに標準装備としている。そのほか、インパネ中央に鎮座するモニターが12.3インチタッチスクリーンとなって大型化。システムを第5世代のUconnect5にしつつ、アップルカープレイとアンドロイドオートにも対応している。ちなみにカーナビはアイシン製だ。

またグレード体系としては、エントリーモデルのスポーツが復活して、サハラ、ルビコンと合わせて3つのグレード布陣となったのも今回のトピックスだろう。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「子どもを乗せたまま“走れる”すごいベビーカー」運動不足は走って解消! 話題の“スーリー アーバンライド”がさらにパワーアップ

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ