MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集体験レポート

「新型ジープを体験」4代目初の改良で“ラングラーらしさ”と乗りやすさが飛躍的にアップ!? バーゲン価格も見逃せない!自動車ライターが試乗レポート

執筆者:

ラングラーらしさはそのままに質感と使いやすさが向上

ルビコンとサハラでラングラー初の12ウェイパワーシートを装備インテリアについては全体のイメージは変わらず。シートはサハラとルビコンでラングラー初の12ウェイパワーシート化がされていて、より細かな調整がスムーズにできるので、試乗時もとても合わせやすかった。

シート表皮は、写真のルビコンがナッパレザー、サハラが合成皮革、スポーツがファブリック大柄な車体に小柄な日本人が乗る際には、この点は意外に重要だ。シート表皮などに変更はなく、今回試乗したルビコンがナッパレザーを使用したプレミアムな座り心地で、サハラが合成皮革、スポーツがファブリックと、グレードのキャラに合わせた設定になっている。スペースやクリアランスはアメリカ車の常で、外観からイメージするよりは狭いが、余裕はあるので問題はない。

武骨さをあえて残したインパネはラングラーの魅力のひとつ武骨さをあえて残したインパネはラングラーの魅力のひとつ。デザイン面での変更はなく、装備的なトピックとして、以前は小ぶりで少々操作しにくかったモニターが大きくなったのは好印象で、今回の改良でとくに歓迎すべき点だろう。

後席にはUSBに加えて、115Vのコンセントも付いている前席にはUSBのほか、12Vのシガーソケット(ライター付き!)が備わり、後席にはUSBに加えて、115Vのコンセントも付いているのはさすがアメリカ車。115Vでも日本の100V対応製品は使えるのでご安心を。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!