竹でつくった電気自動車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「第1回国際自動車素材・加工展」に行ってきました。文字通り、クルマの「素材」や「加工技術」の見本市なんですが、そんな中、竹で編まれたボディを持つ変わったクルマを見つけました。

京都大学のベンチャー・ビジネス・ラボラトリーというところが開発した「竹かご型電気自動車・バングー」というものなんだそうですが、このボディは、クルマに乗る人の安全だけでなく、ぶつかったときの歩行者などの安全も考えたアイデアらしいです。確かにショックは和らぎそうですね。実用にするには、まだまだ先な気もしますが、こうした技術やチャレンジが「クルマって面白いよな」っていう気持ちをもっともっと拡げていくといいですよね。

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月9日(月)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

MonoMax モノマックス ナノ・ユニバース nanouniverse nano 工具セット 付録

雑誌付録の常識を変えた!? ナノ・ユニバース 工具セットは一…