チキンラーメンで、たまごとチキンのフェスが開催!?

日清食品から、チキンラーメン発売60周年記念として、「チキンラーメンどんぶり たまフェス」と「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」が発売中です。

世界初の即席めんであるチキンラーメンは、本日2018年8月25日に発売60周年を迎えます。それを記念して、チキンラーメンファンへ感謝する、大感謝フェスティバルをテーマに開発されたのがこの2品。たまごとチキンは、チキンラーメンと親和性の高さから選ばれているそう。

『たまフェス』は特製卵黄ソース付き

、「チキンラーメンどんぶり たまフェス」は、具材に味付たまごとかきたま、特製卵黄ソースが加わった、たまご尽くしの一品。フタを開けると、たまごがたっぷり。見えにくいですが、かきたまもあります。

特製卵黄ソースがこちら。

お湯をかけて3分後に、特製卵黄ソースをかけます。

生卵のようなトロッとした卵黄です。かきまぜたら、よりたまごめんっぽいビジュアルになり、美味しそう!

チキンラーメンおなじみの醤油味スープが、特製卵黄ソースでまろやかにアレンジされ、ふわふわたまごとかきたまは歯ごたえがソフトで甘味があり、麺をすすったときの渾然一体となった旨味がたまりません!

「チキフェス」は3種のチキン入り

「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」は、炭火焼チキン、蒸し鶏、ひよこちゃんナルトの3種類の鶏具材を入れた、チキン尽くし。カップラーメンにしては大きめのチキンがたくさん入っています。ひよこちゃんナルトも!

お湯を入れると、チキンが本格的になった! 炭火焼チキンの焦げ目が美味しそうです。

醤油味のスープを吸ったチキンは食べごたえあり! 炭火焼チキンは焦げ目が本格的で、香ばしさも感じます。蒸し鶏はスープとの相性がよく、ほろほろとした食感と旨味があり、麺と一緒に食べるとコクがさらに深くなりました。肉だくさんのチキンラーメンってありです!

フタの裏にも注目!

フタの裏には、即席めんの発明者である、安藤百福氏の顔写真とプロフィールがプリントされています。氏は意外な世界初のものも開発していました!

 

「チキンラーメンどんぶり たまフェス」
¥180+税

「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」
¥205+税

文・撮影/金山 靖

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから