モノマックス総力特集 3万円以下のスマートウォッチ BEST3!

世間が注目する腕時計といえば、スマホと連携できるスマートウォッチ。最先端ゆえに値が張るモデルがほとんどですが、バラエティが広がってきた昨今は3万円以下でも手に入るようになってきました。

そもそもスマートウォッチとは、これまでにない付加価値を備えた腕時計型ウェアラブル端末のこと。時刻表示など従来の機能のほか、歩数や消費カロリーなどのトラッキング機能、スマホと連携しての通知機能など、各種センサーや先進技術を駆使して魅力的な機能を提供してくれます。

今回はMonoMax編集部が、3万円以下で購入できる「いま買うべき」スマートウォッチBEST3を選んでみました! すべて実際に使用して選びぬいた逸品です。ぜひお買い物の参考にしてください。

①スント スント 3 フィットネス [SS050051000]

スント 3 フィットネス

左が表、右が裏面。最新フィットネスウォッチ。ケース裏に光学式心拍計を備え、各種計測が可能に。質量36gという軽量性を実現しつつ、ベゼルにステンレススチールを充て堅牢性も確保した。ケース径43 ㎜、30m防水、クオーツ。

消費カロリー、睡眠の質などの記録ができる!
体調管理に役立ち、生活をサポート!

ひとつめはスントのスント3フィットネス。本誌編集部が最初に心を奪われたのは、そのデザイン性でした。スントはこれまで数多くのフィットネスウォッチをリリースしてきましたが、今作は往年の名作である「コア」を思わせるようなラウンド型ケースを採用。

「まさにスントらしいミニマムデザイン。毎日使うものだからこそ、『身につけたくなる』のはすごく重要ですよ」(モデル/タカシ)。

驚きは、使ってみてからも訪れました。スマホと連携して着信やメールの通知を腕元で受け取れるのはもちろん、毎日の運動量を記録できるし、睡眠時間も質もチェックしてくれるから、24時間あらゆるシーンで活躍してくれるのです。

大前提として、仕事中でもオフの時間でも違和感なく使えるデザインであることも評価のポイントでした。特に面白かったのは、今作で新搭載された「アダプティブトレーニングガイド」。持ち主のフィットネスレベルに合ったトレーニングプランを自動作成してくれる機能で、無理なく運動強度を高めていけるよう提案してくれます。「回復時間も教えてくれますし、これをつけていることで健康意識を新たにできた気がします」。

普段使いで毎日の運動量をチェック!

スント 3 フィットネススント 3 フィットネス

健康の基盤は、毎日のウォーキングから。通勤時や営業中の活動を記録し、一日の歩数や目標達成度を確認
できるから、普段から健康を意識することが可能。一週間の成果もまとめて確認できる。

心地よい疲れのもと睡眠中もデータ計測!

スント 3 フィットネススント 3 フィットネス

睡眠中も一緒に過ごせば、その時間と質を分析することが可能に。睡眠時間の達成度はリング状のゲージ
で表現。睡眠の質は100点満点で表され、心地よい睡眠だったかを数値として確認できるのが便利だ。

トレーニングに打ち込める環境を作れる!

スント 3 フィットネススント 3 フィットネス

心ゆくまでトレーニングを楽しめるのもポイント。各種エクササイズの活動を記録できるのはもちろん、ユーザーに適したトレーニングプランを自動作成する機能も備え、最適な運動強度のもとで運動に励めるのだ。
もちろんスマホと連携して、着信やメールなどの通知を受けることも可能。専用アプリを介せば各種記録を管理しやすくなる上、友人とトレーニングの成果をシェアしてモチベーションを高め合うことも可能だ。

スント 3 フィットネス

30m防水仕様なので時計を着用 したままでも安心して水泳を楽しむ ことができる。ステンレススチール のベゼルも強固。

スント 3 フィットネス

左側に2つ、右側に3つ、それぞれに大型のボタンを採用。適度に突出しているため、体を動かしながらでもプッシュしやすい。

スント 3 フィットネス

汗がついても滑りにくく、フィット感に優れたシリコンバンドを採用。薄手であることもストレスを感じにくい効果を生んでいる。

問スントカスタマーサービス
☎03-4520-9417

123

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(金)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから