フレキシブルに使えるタフなビジバッグ!

手で持ち、肩にかけ、背負う、さらにスーツケースとも一体化!

アップル社公認のバッグブランドとしてグローバルな展開をおこなっているIncase(インケース)。1997年にカリフォルニア州で誕生し、その製品はユーザーの大切なアイテムやデジタルデバイスを保護し、整理整頓もできるよう、デザイン、機能性、素材にこだわりを持って仕上げられている。日々忙しい毎日を送るビジネスマンたち、そんな彼らは幾つかのバッグを使い分けることは少なく、タフで機能的かつフレキシブルに使えるバッグが求められている。そこで紹介したいのが「kanso-3Way Convertible Brief(カンソ スリーウェイ コンバーチブル ブリーフ)」。シンプルかつスマートなデザインと機能的な収納、そして手で持ち、肩に掛け、背負える、さらにはスーツケースと一体化も可能な優れたキャリング性能、さらにアウターには強靭な生地を使用するというまさに理想的なビジネスバッグとなっている!

シンプルなデザインと強靭なアウター素材!

スーツスタイルからカジュアルスタイルまで、どんなスタイルにもコーディネイトしやすいシンプルかつスマートなミニマムデザイン。アウター素材として使用されているのは、フライトナイロンと呼ばれるMA-1ミリタリージャケット等に採用されている軽量かつ耐摩耗性に優れ、さらに落ち着いた光沢感が特徴の高密度ナイロン。ハードユースにも耐えられる作りとなっている。

スタイルやシーンに合わせて変えられるキャリング性!

使用用途に応じて様々なキャリング方式が取れるのも特徴。縦横に付いたハンドルを使ったスマートな手持ちスタイルに着脱が可能なショルダーストラップを使用した定番のショルダースタイル、またハンズフリーでアクティブに活動できるバックパックスタイル、そして背面のラゲッジパススルーを活用し、スーツケースと一体化させるビジネストリップスタイルとフレキシブルに使うことができる。

機能的な収納装備!

収納スペースも充実。メインコンパートメントは、A4型の書類が入るスペースにライニングやペン、ケーブル等の小物類を整理して収納可能なマルチファンクションポケットを備える。またサブコンパートメントは、15インチまでのラップトップの収納を可能とし、デジタルツールをしっかりと守ってくれる起毛裏地&パッドを装備したテックコンパートメント仕様となっている。

カラーは、様々なスタイルとの相性が良く、幅広いシーンで活用できる精悍な印象のオリーブと定番のブラックの2色。さりげなくセンスの光るバッグで、「ブリーフケースなんてどれも皆同じ」という考えの人に差をつけてしまいましょう!

INCASE  KANSO 3WAY CONVERTIBLE BRIEF

カラー:ブラック・オリーブ

サイズ:H30×W43×D13(cm)

価格:¥28,000(税抜)

【問い合わせ】

ビーズインターナショナル TEL.0570-666-494

www.incasejapan.com

取材・文/安室淳一 写真提供/ビーズインターナショナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(金)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから