弁当生活のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弁当男子なる言葉を最近よく耳にします。

ここ数年の経済情勢により、もともとは節約から始まったのかもしれませんが、作っていくうちに楽しくなってきちゃった!なんて人も多いのでは?

書店にはお弁当本もたくさん並んでいますし、実際手にとって見ている男性の姿をよく見かけます。

そんなわけで、私も弁当生活を始めてみることにしました!!

齊藤

作成時間10分。作り方はいたって簡単です。

 


前日の夜に仕込んでおくことは
1.お米を炊飯器にセットしておく
2.おくらを1分くらい湯に通して、ブタ肉で巻く
くらいです。

朝起きたら、
1.鮭の切り身に塩をふってラップをして、レンジに1分30分かける
2.1をかけている間に卵焼きを作る
3.卵焼きができたら、フライパンは洗わず油を足して、昨日仕込んだ豚肉おくらを塩コショウで味付けしながら軽く焦げ目がつくまで焼く
4.鮭が出来たら、作り置きの金平ゴボウをレンジにかける
5.フライパンはそのままウインナーに切り込みを入れて焼く
6.ご飯にゴマをふりかけ鮭を置き、お弁当箱におかずをつめたら出来上がり

と、大体10分もあれば簡単にできます。

早く仕上げるコツは、
・温めるだけのおかずを用意しておくことと(前日の夕飯の残りがベスト)
・作りおいておけるものを休日にまとめて作っておくこと
・電子レンジとフライパンを両立すること
・フライパンは一回一回洗わず、油だけ→調味料をたくさん使うものの順に考えて使用していくと手間が省ける(豚肉おくらで使用した塩コショウがウインナーの味付けにもなる)
・ウインナーなど火が通るのに時間のかかるものは、切込みを入れて火を通しやすくする
という感じです。

この朝の10分で、昼食代の500円が浮きます。
500円あれば、MonoMaxが一冊買えます。
MonoMaxで知識と情報も得られちゃいます。

\(^0^)/

弁当生活、オススメです☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ナノ・ユニバース ナノユニバース nano MonoMax モノマックス 付録 財布

ナノ・ユニバースの長財布は30枚のカードが収納でき、とても出…