PORTERにバッテリーを搭載したカバンが登場! バッテリー切れの心配が不要なカバンです!

現代の生活に欠かせないアイテムといえばスマホですが、便利になればなるほど怖くなるのがバッテリー切れですよね。そんなデジタル必須の時代についにバッテリーが搭載されたカバンが発売されました!

なんと吉田カバンのメインブランドであるPORTERのカバンに、次世代バッテリー技術「Power Leaf(パワーリーフ)」を採用したモバイルバッテリーが組み入れられているんです! 機能性とデザイン性を両立させた、本格的なコラボレーションバッグになっています。

今回のコラボアイテムは、ビジネスに最適なリュックサックと、デイリーに使えるスリングショルダーバッグの2タイプです!

リュックサックには独立したパソコンの収納ポケットなど、ビジネスシーンに欠かせない機能が搭載されています。

サイドにはペットボトルホルダーも搭載して、使い勝手も良いです!

スリングショルダーバッグは、コンパクトながらも十分な収納力を備えているので、毎日の使用はもちろん、さまざまなシーンで使える優秀アイテムです。

背面はメッシュ素材が使用されているので、体へのあたりも柔らかです。

そしてバックパック、ショルダーバッグともに、薄型・軽量が特長の次世代バッテリー技術「Power Leaf」を採用したモバイルバッテリー「Ceramic Battery Board」が付属しています! 「Ceramic Battery Board」は、切断しても発火や液漏れが発生しない高い安全性と、3,550mAhの大容量ながらも約0.47cmの薄さを実現しています。

それぞれ「Ceramic Battery Board」が収納できる専用ポケットを設け、ショルダーストラップに取り付けて操作が可能な、PORTERロゴを刻印したオリジナルのコントローラーも付属しています。

これにより、バッグからバッテリーを取り出すことなく充電・給電できるほか、ベルトに取り付けたケーブルクリップによって充電コードが絡まる心配もありません。

先端のコントローラー部分から給電できるので、歩きながらの使用でも楽ちんです!

またコードはカバンから伸びていても気にならないスマートさです。

リュックサックはショルダーの両方にケーブルクリップが付いているので、どちらでも使えるのが便利です!

両方とも素材は上品な光沢を持つナイロンツイルで、表面にはテフロン®ファブリックプロテクター加工、裏面にはPVC加工を施し、防汚性・撥水性に優れています。

購入先は吉田カバンの旗艦店であるPORTER(表参道、丸の内、大阪)や吉田カバンオフィシャルオンラインストア、ソフトバンク C&Sが運営するSoftBank SELECTION オンラインショップにて好評発売中です。

本当に薄くて軽いので、デジタルガジェットを多用する人にはマストです!

「PORTER RUCKSACK × Power Leaf」

カラー:ブラック

サイズ:約W28×H42×D12.5cm

重量:約1.3kg(Ceramic Battery Boardを除く)

\59,400(税込み)

「PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf」

カラー:ブラック

サイズ:約W18×H32×D5cm

重量:約0.7kg(Ceramic Battery Boardを除く)

\39,960 (税込み)

「Ceramic Battery Board」(両バッグ共通付属品)

電池容量:3,550mAh

入力電圧/電流    5.0V/最大2.0A

出力電圧/電流    5.0V/最大3.0A

インターフェース:USBポート(type-A、type-C)、microUSBポート

サイズ:約W16×H25×D0.47cm

重量:約250g(付属品を除く)

付属品:取扱説明書、USBケーブル、コントローラー

※Power Leafは、ソフトバンク コマース&サービス株式会社の次世代バッテリー技術の総称であり、登録商標です。

問い合わせ

<ソフトバンクセレクションお客様窓口>

Tel:0800-111-2247(通話料無料)

E-mail:sbsinfo@sbb-support.jp

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 2月号

1月9日(水)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから