こんなサイクルヘルメットが欲しかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「話せる」「聴ける」「安全」の快適自転車ヘルメット

スポーツバイクに乗る際、ヘルメットを着用する人は、以前に比べてだいぶ増えてきた。がしかし、まだまだ少ないのが現状。一方、自転車を運転中にイヤホンで音楽を聴く人は結構いる。

 確かに気分良く乗ることができるのは分かるが、道路交通法上、明確な違反とされてはいないものの、危険行為として罰せられる場合もあり、何よりも周りの音が聞こえない状態で自転車を運転するのは危ない。

 気持ち良く自転車に乗るなら、「安全」、「楽しく」、「快適」にしたいもの。そこで今回ご紹介するのが、その要素すべてを満たしてくれる最新のサイクルヘルメット「R1(アールワン)」。

 オートバイの無線機等を展開するメーカーSENAが登場させた自転車用のヘルメットで、ヘルメットにマイクとスピーカーを内蔵し、Bluetooth4.1技術を活用して、ナビや電話、音楽、無線での会話などを可能にしたもの。

 これであれば、自転車ライドも安全な上、携帯電話と繋いで、ナビや音楽も楽しめる。電話やスマートヘルメット同士の会話もできてとても便利。これから自転車用ヘルメットの購入を考えている方は是非、その候補としてもらいたいアイテムとなっている!

ヘルメットにマイク&スピーカーを内蔵

   

 

この商品には、ヘルメットのフロントにマイク、両サイドにスピーカー、そして左サイド後方に操作ボタンが装備されている。会話は電話だけでなく、スマートヘルメット同士で3人の仲間と合計4人、最長900m離れての会話も可能となっている。また、独自開発のAdvanced Noise Control(ノイズ削減機能)を搭載することによって、走行中に気になる風切り音やノイズをカットしてくれ、クリアな会話を楽しむことができる。

耳を塞がない設計で安全・安心

通勤や通学、そして街乗りの際、音楽を楽しむ際、イヤホンだと耳を塞いでしまい、周りの音が聞こえず、重要なロード上の危険を見逃してしまいがち。その点、このヘルメットは耳を塞がない設計となっているので、周りの音をしっかりと聞き逃すことなく、安全に気を配ることが可能で、その上で、音楽も楽しむことができる。専用のアプリ(Sena Utility App)も用意されているので、これをダウンロードすれば、設定もあっという間。各種機能の設定や仲間同士でのグループ設定、好みのFM局のプリセットも可能。その他、便利な機能も使え、サイクリングが快適かつ楽しくなる。

フィット感も高く、スマートなデザイン

もちろん、ヘルメットとしての機能もしっかり。どんなスタイルにも合わせやすいシンプルなアウターデザインにインナーパッドは高い保護力とフィット感を提供し、着脱可能で洗うこともできて清潔。またチンストラップは環境に優しいエコレーザーを使用し、ヘルメットをしっかりと固定してくれる。そして後部にあるスピンロックを調整することによって、それぞれの頭の形に合わせフィット感をより高めることが可能となっている。カラーラインナップは、オニキスブラック、エレクトリックオレンジ、アイスブルーの3色となっている。

 

価格:¥33,264(税込)

カラー:オニキスブラック、エレクトリックオレンジ、アイスブルー

サイズ:M(55〜59cm)380g/L(59〜62cm)430g

重量:480g

【問い合わせ】

インターソリューションマーケティング TEL.03-5795-2685

公式ホームページ senabluetooth.jp/message/sch.html

取材・文/安室淳一 写真提供/インターソリューションマーケティング

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

【売り切れも出てきた!】マーモットのショルダーバッグ、ぜひお…