• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

本革の魅力が凝縮された腕時計!レザーの匠「BrownBrown」はやっぱりすごかった!

独自のリメイクやエイジング加工を駆使し、レザーを中心に個性的なコレクションを生み出してきたブラウンブラウン。新作「Lo-Fi Digitalローファイデジタル)」は、セレクトショップチックタックとのコラボで誕生した本格派モデルです!

時を経るごとに味わいを増す一本

「ローファイデジタル」は、デイト表示を省くなど時計本体はいたってシンプルなデザイン。その分、ブラウンブラウンが手がけた重厚なレザートラップの風合いや経年変化による味わいを最大限に堪能できます。

奥ゆかしくシンプルな本体と、肌にぴったりと馴染むストラップの暖かい雰囲気が調和する印象的なデザインです。

個性的なレザーの5モデルをラインナップ!

「ローファイデジタル」は、樽型ケースと八角形ケースの2タイプ全5モデルで展開されています。

「Lo-Fi Digital」 MiM-BROWN2 ベージュ×ホワイト 表裏ともに牛革(栃木レザー・ヌメ)¥11,000(税抜)

樽型ケースタイプは、デジタルウォッチに二枚革仕立てのレザーストラップを合わせた存在感あるデザイン。レザーストラップの素材はモデル毎に異なっていて、こちらは栃木レザーのヌメ革を採用しています。

栃木レザーは、経年変化したときの味わいがより深くなるのが魅力。エイジングを楽しみたい方にもってこいです。

「Lo-Fi Digital」 MiM-BROWN2 ブラック 表:牛革(栃木レザー)/裏:牛革(栃木レザー・ヌメ) ¥11,000(税抜)

こちらのカフーレザーは、ヌバックのような毛羽立ちが少しあるのが特徴。使い込むと毛羽立ちは収まり、艶が出て色も濃くなっていきます。

「Lo-Fi Digital」 MiM-BROWN2 ベージュ×ブラック 表:牛革(カフーレザー・ヌメ)/裏:牛革(栃木レザー・ヌメ) ¥11,000(税抜)

本体のブラックに明るいベージュとケースのゴールドが映えるデザイン。ヴィンテージ感のあるレザーの色合いもあって、高級感を高めています。

「Lo-Fi Digital」 MiM-BROWN3 ブラック 表裏ともに牛革(栃木レザー・表面のみ染色)、ハンドステッチ仕上げ ¥10,000(税抜)

一方の八角形ケースは、レトロフューチャーな印象のデザイン。

このモデルの特徴は、ストラップにミシンを使わないハンドステッチ仕上げが施されていること。手作業だからこその繊細さは、まさにブラウンブラウンの真骨頂です。

「Lo-Fi Digital」 MiM-BROWN3 ブラウン 表:牛革(栃木レザー・ヌメ)/裏:豚革(ヌメ)¥10,000(税抜)

シンプルなブラウンのカラー。ストラップの裏面には豚革を起用し、良好な装着感を実現しています。

ハンドメイドでこだわりのモノづくり!二人のクリエイターが作るブラウンブラウンの魅力

ブラウンブラウンは、アパレル出身の川村達郎氏と渡邉祐氏、二人のクリエイターが手がけるブランドです。「モノを大切に扱い、長い年月を経てアンティーク・ヴィンテージへと変化していく世界」をテーマに、裁断、染色、裁縫までのほとんどをハンドメイドにこだわったレザーアイテムは、独特な暖かさと驚きを与えています。

「あえて時計の機能を減らし重厚感のある厚いベルトで製作しました」と語る川村氏。革だからこその心地よさや吸い付くような感触に着目。「レザーは、人が触れたり、身につけたりする素材としてとても優れています」。長年レザーを扱い続けてきたからこそ、技術と評価は折り紙付きです。

本革の様々な表情を見せてくれるブラウンブラウンの「ローファイデジタル」。本革の魅力が詰まった一本は、永く愛用する相棒になってくれるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…