• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 6月号

5月8日(土)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

インパクト大のクールなEバイク

ファットタイヤ&タフなボディが魅力

 現在、電動アシスト自転車の普及と人気は子載せタイプにとどまらず、スマート&スポーティなデザインのモデルも若い世代やアクティブ好きな人々から高い支持を得ている。スポーティなモデルの人気は相変わらず高いも、最近では、カジュアル&スタイリッシュなモデルも続々と登場。人気の高いモデルが登場してくると、その反面、人とはちょっと違った個性を求める人も出てくる。そこで、今回は街では個性を存在感を放ち、アウトドアシーンでも快適な走りを楽しむことができるモデルをご紹介。それが、今年日本初上陸を果たした電動アシスト自転車ブランド「MATE. BIKE(メイトバイク)」。インパクトのあるファットタイヤにタフなフレーム、そして前後サスペンションと折りたたみ可能なボディを特徴とし、幅広いシーンで活用可能なクールな一台となっている。

地球に優しく、デザインもスタイリッシュ

デンマークのコペンハーゲン発となる電動アシスト自転車ブランド「MATE.BIKE」は、現在の過度な交通渋滞や気候変動等の環境問題を危惧した、クリスチャン・アデル・ミシェルとジュリー・クロンストラム・カートンの姉弟によって2016年に設立。そのモデルは、エコクリーン、クール、スムーズな交通の実現に貢献する車両として設計されている。特徴としては、走破性に優れるファットタイヤに快適な乗り心地を実現する前後のフルサスペンション、そして見た目にもスマートなフレーム内蔵バッテリー&配線技術、そして大柄なボディながらも折りたたみ方式の採用となっている。

迫力ボディもストレスフリーな走り

  

圧倒的な存在感を放ち、重厚感のあるボディ、座ると安定感もあって、乗り心地は上々。実際に走ってみると、ペダルに踏み込むと同時にパワフルなモーターがアシストを稼働させ、グイグイと力強く押し出される感覚が味わえ、28.5kgの車重を感じさせないほどの軽快な走りを楽しむことができる。さらにファットタイヤ&前後サスペンションによって、ソフトな乗り心地となり、また多少荒れた路面や段差も気にならない。モードは5段階あるが、フラットな場所では1〜3、上り坂やアウトドアシーンでは3〜5がオススメ。見た目の所有感とともに、快適な走りでも満足させてくれる。

コンパクトに折りたため、カラーバリエーションも豊富

ファットタイヤを装備する大柄なボディながらも折りたたみ機構を搭載し、3ステップで簡単かつコンパクトすることが可能。ちなみに折りたたんだ際のサイズは、高さ78cm、長さ103cm、幅59cmと一般的な自転車よりも場所をとらず、クルマ等にも積みやすい。前後のタイヤにフェンダー、そしてサイドスタンドも備え、普段使いにも便利。また、カラーリングも「もっと自由に、さっそうと、誰も知らない道を」というMATE Xのコンセプトを表現し、豊富なバリエーションを展開している。

街乗りに特化させたモデルも展開

MATE Xと同様の構造を技術を用いながらも、より街乗りに適した車両とするために、タイヤを1.5”に小型化し、全体的にコンパクトなスタイルに。小回り性能を上げ、軽量化することで、持ち運び等への利便性も高められている(発売は5月予定)。またカフェを併設するおしゃれなフラッグシップストア(東京都渋谷区東3丁目25-7)も3月26日よりオープンしている。

ジャパンアンバサダーを務めているのは俳優の窪塚洋介さん。

MATE X 250

【スペック】

全高×全長×幅(cm):124×180×65

折りたたみ時(cm):78×103×59

フレーム:アルミ

変則:シマノ社製8SPEED

タイヤ:20”×4.0”

走行可能距離:80km *モードによって異なる

バッテリー容量:14.5Ah

充電時間:約4〜5時間

車重:28.5kg *バッテリー含む

カラー:サブデュードブラック、ダスティアーミー、ジェットグレイ、アイスホワイト(7月入荷予定)、デザートストーム(予約完売ー次回入荷は7月)、スターリングモス、インターステラー(*)、カリビアンコーラル(*)、コッパーコバー(*)、ショッキングピンク(*)*は2021年限定カラー

価格:¥330,000(税込)

 

MATE CITY 250  

【スペック】

全高×全長×幅(cm):-×-×-

折りたたみ時(cm):68×90×40

フレーム:アルミ

変則:シマノ社製7SPEED

タイヤ:20”×1.5”

走行可能距離:55km *モードによって異なる

バッテリー容量:11Ah

充電時間:約4〜5時間

車重:21.5kg *バッテリー含む

カラー:レガシーブラック、トゥルーブルー、ゴールデンオリーブ、ショッキングピンク

価格:¥275,000(税込)*5月発売予定

【問い合わせ】

MATE. BIKE TOKYO TEL.03-6277-3987

公式ホームページ mate-bike.jp

取材・文/安室淳一 写真提供/MATE. BIKE

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

マッキントッシュ フィロソフィーのミニ財布は5つの価値を備え…