MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/05/19 11:00

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

    幅広いライダーが“走り”を満喫できるスーパースポーツマシン

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7 速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

     ”速さ”を想像させる刺激的なルックスと先進の電子制御システムを搭載し、バイク好きであれば一度は憧れるスーパースポーツモデル。最近では若い人をはじめ、女性ライダーやリターンライダーからの人気も高く、そのスタイリングと走りに惹かれる人が増えている。もちろん個人の好みはあるものの、バイクを知らない人が見てもカッコイイ!と思わせるそのフォルムは、バイク好きを魅了するのも当然。国内外のメーカーから様々なモデルがランナップされている中、今回紹介するのは、ヤマハのスーパースポーツモデル「YZF-R7 ABS」。幅広い技量のライダーがサーキットにおいて扱いきれて楽しめるスーパースポーツを目指して作り上げられたモデルは、見た目、走り、そして装備においてバランスに優れ、ワンランク上の刺激的なバイクライフを手に入れたい人にマッチする一台となっている。

    アグレッシブ&スマートなフロントマスク

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

    ヤマハのハイパフォーマンスバイク、YZF -RシリーズのアイコンとなっているM字ダクトがインパクトと個性を主張しているフロントマスク。ダクトセンター部分にLEDヘッドランプを配置、その周りのエアダクトやディフレクターからフレッシュエアをエアクリーナーへと導入するレイアウトとして、デザイン性と機能性を両立している。切れ長の鋭い印象の2眼ポジションランプがRシリーズを強調、その下にはエアダクトも設けられ、整流された走行風をエアクリーナー方向へと導いている。

    ライダーを高揚させる走りに繋がるフレーム&エンジン

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7 速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

    軽量・スリム・コンパクトな車体のベースとなるダイヤモンド型のフレームは、スポーツネイキッドの人気モデル「MT -07」から継承。全体的な剛性バランスを調整し、ライダーの意思にリニアに応える俊敏かつスポーティなハンドリングを実現している。搭載されるエンジンは、688ccの水冷直列2気筒で、ライダーのスロットル操作に俊敏に反応、発進と加速そしてコーナーからの脱出時等で、ライダーに爽快なライドフィールをもたらしてくれる。さらに、軽やかなクラッチ操作と安定感のある減速をもたらすアシスト&スリッパー®︎クラッチが新たに標準装備し、素早いシフトアップをサポートするクイックシフターがオプションで設定されている。

    スポーツライドに応えるサスペンション&ブレーキ

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7 速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7 速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

    スポーティかつ快適な走りを支えるサスペンションは、フロントには新たに開発した倒立式サスペンションを装備、専用チューニングもほどこされ、ブレーキ時の安定性や接地感、コーナリング時の接地感が高まり、よりスポーティなライディングが可能となっている。また、リヤには減衰特性とばね定数を専用に開発したリンク式のモノクロスサスペンションを装備、軽快なライディングフィールとコーナリング時の安定性に寄与している。そしてフロントのブレーキシステムは、ラジアルマスターシリンダー&ラジアルマウントキャリパーを採用し、高い制動力とコントロール性を実現している。

    ライダーとの一体感を生むプロポーション

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

    車体のスタイリングは、無駄を削ぎ落としたスリム&コンパクトなデザインとなるスキニープロポーション。これによってライダーとの一体感を高め、コーナーでの軽快な切り返しを実現。また、空力特性も徹底的に追求され、アッパーカウルは前方投影面積を減らして高い運動性能に貢献、アンダーカウルはアルミ製にすることでエンジンとのクリアランスを極小化、深いバンク角とスキニープロポーションに寄与し、質感も高めている。さらにリヤカウルは専用デザイとし、Rシリーズならではのレーシングイメージをアピールしている。

    爽快な走りを支えるポジション&コックピット

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7 速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

    スーパースポーツらしい、身体を伏せやすく、ブレーキング時のマシンホールドも行いやすいアグレッシブでライダーの気持ちを盛り上げてくれるライディングポジションを採用。セパレートタイプのハンドルは、ヒップポジションとフットレスト位置との間で最適なバランスを取り、絞り角と垂れ角を設定。スポーツライディングの際によりタイトなマシンホールドができるようになっている。ポジションの自由度が高いので、ストリートからサーキットまで、幅広い用途に対応してくれる。また専用デザインのフルLCDメーターは、高彩度なネガポジ反転液晶画面を採用し、優れた視認性を発揮してライダーに情報を与えてくれる。

    速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7 速い、楽しい、カッコイイ、ヤマハのR7

    YZF-R7 ABS

    【スペック】

    全長×全幅×全高(mm):2070×705×1160

    シート高(mm):835

    総排気量(cc):688

    エンジン:水冷4ストロークDOHC直列2気筒

    最高出力(PS/rpm):73/8750

    最大トルク(kgf・m/rpm):6.8/6500

    燃料タンク容量(L):13

    価格:¥999,000 

    カラー:ディープパープリッシュブルーメタリックC、ヤマハブラック

    *本モデルはYSPおよびアドバンスディーラーのみで販売する「ヤマハモーターサイクルエクスクルーシブモデル」となり、購入についてはホームページより取扱店にお問い合わせを

    【問い合わせ】

    ヤマハ発動機 カスタマーコミュニケーションセンター 0120-090-819

    公式ホームページ www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r7/

    取材・文/安室淳一 写真提供/ヤマハ発動機

    ライター/安室淳一

    ライター/安室淳一

    クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

    Instagram:@freerider1226

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…