MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

“二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ!

執筆者:

グレードアップされた125ccモデル

“二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ! “二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ! “二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ! “二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ! “二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ! “二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ!
エンジンは124ccの空冷単気筒エンジンを搭載。125ccモデルは、50/100ccモデルの横型エンジンから縦型エンジンへと変わり、ダウンマフラーの装着によって排気音も上々。

各部パーツもグレードアップがはかられ、LEDヘッドライトに前後ディスクブレーキ、ギヤは4速から5速、シートはタンデムも楽しめるダブルシートとなり、タンク容量もボディが一回り大きくなったこともあって、5.5Lとなりこれまでのモデルからアップされている。

またシートの下側にあるシルバーの筒にはエアクリーナーや電装類が搭載され、ちょっとした小物や書類等も入れることが可能となっている。

“二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ! “二度見必至”なバイク!? 「ガンナー125」が放つ唯一無二の存在感を乗りこなせ!

まずは「ちょっと乗ってみたい」というワクワクを感じさせてくれるところからはじまり、手に入れて一緒に出かけると、個性的かつ愛らしいデザインがペットのように思えて愛着が増すこと間違いない。

スピードを楽しむよりもトコトコと心地よい走りを楽しむのがこのクラス。人と同じじゃつまらない!そんな風に思う人にとってはきっと良き相棒になってくれる一台となっている。

GUNNER 125

【スペック】
全長×全幅×全高(mm):1770×720×1070
総排気量(cc):124
車両重量(kg):105
エンジン:空冷4ストローク単気筒
燃料タンク容量(L):5.5
価格:¥382,800
カラー:レッド、イエロー

【問い合わせ】
MOTO SHOP CHRONICLE TEL.047-363-3838
公式ホームページ https://phoenix.chronicle521.com

取材・文/安室淳一 画像提供:MOTO SHOP CHRONICLE

12

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「プロが大注目するバイク」抜群の路面対応力&毎日乗りたい魅力満載!高速もワインディングも楽しめる“クロスオーバーバイク”3選

新型ミドルクラス輸入二輪を乗り比べ、マニア垂涎のヤマハ「XSR900 GP」ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年5月版)

スタイル◎のストリートバイク。英国生まれの新興ブランド「マットモーターサイクルズ」のクール&レトロなマシンが超カッコイイ!

【ホンダの“使える”レジャーバイク】人気の原付二種「ダックス125」に待望の大人なニューカラーが仲間入り!

【マニア垂涎の異色バイク】スポーティなネオレトロ好きにドハマり! 様々なシーンに映えるヤマハ「XSR900 GP」が発売

【バイクライター厳選】試乗会で乗り比べた注目の「新型ミドルクラス輸入二輪」おすすめの3台とは?『試乗レポート』

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ