MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2023年2月9日(木)発売
特別価格:1,090円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • 健康的でおいしい食事!NOSH
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

    新型「クラウン」はSUVの進化系!? 開発者たちが語る“16代目”の大胆変化と大幅進化の理由

    今までのスタイルから180°方向転換した新型クラウンの登場は衝撃的だっただけに、その実力はいかほどのものか? 開発のキーマンに直撃しその深層を探ってみた。

    変わるのもクラウンの使命!でも乗ればやっぱりクラウン!

    新型 トヨタ クラウン SUV ベストセラー 走り2022年、いやここ数年で最大の衝撃だったのが新型クラウンだ。大胆に変身しただけでなく、全部で4車形展開というインパクトは相当なものだった。ただ、一時は「次のクラウンはないかもしれない」というウワサも流れただけに、出ただけでも御の字ではある。
    しかし、これがクラウンなのか?  開発責任者の 皿田明弘さんは「このままではいけないという声はありました。では、どういった形が次世代のセダンなのかということを考えました」と言う。その結果がこの形で、背の高いセダンというのがそもそものコンセプト的に正しく、新時代のクラウンということになる。

    一番驚いたのは乗り味で、まさにクラウンの味わい。ゆったりとしつつもシッカリ感があるのが最近のクラウンの走りだが、見事それを高めて踏襲。ターボエンジンとモーターを組み合わせた新設定のデュアルブーストHVはスッキリとした気持ちのよさが特徴だ。
    月販目標3200台に対して、発売1カ月で約2万5000台受注と絶好調。これは既存ユーザーの乗り替えが主と思われ、ボディカラーも白が一番人気。今後は現状で2割ほどのデュアルブーストの比率が高まりつつ、個性的なボディカラーも売れると予想される。いずれにしても大胆に変わったクラウンが受け入れられたことは事実だ。

    モノマックス2023年3月号のご案内

    3月号通常号

    モノマックス2023年3月号

    MonoMax3月号通常号

    2023年2月9日(木)発売
    特別価格:1,090円(税込)

    モノマックス2023年3月号を見る

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…