MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

スズキのバイク「ジクサー150」は新生活にこそ乗りたいスポーツモデル?新色も登場!

執筆者:

スズキのバイク「ジクサー150」は新生活にこそ乗りたいスポーツモデル?新色も登場!

この記事の画像一覧を見る(18枚)

快適な移動手段として125ccモデル人気は依然継続している。もちろん、気軽に軽快な走りを楽しめるクラスとして魅力的なのだが、中にはもう少し力強さや加速感が欲しかったり、高速道路に乗りたい時もあったりする。ただそれに伴って車体が大きく、重くなるのは避けたいところ。そこで、今回はそんな人たちにジャストフィットするモデルをご紹介。それがスズキの「ジクサー150」だ。

2017年に登場して以来、ビギナーをはじめ女性ライダーや若年層ライダーたちに好評となっているモデルであり、コンパクトながらも程よい車体のボリューム感とメリハリのあるデザイン、そして力強くも扱いやすいエンジンが魅力。ストリートでの快適な走りはもちろん、ちょっとしたツーリングやスポーティな走りを楽しむことも可能。気軽にバイクライフをはじめたい、バイク遊びがしたいと考える人にきっとマッチする一台となっている。

軽快な走りと気分を上げるニューカラー

154ccの軽量なSEPエンジン 
コンパクト&スポーティなボディに搭載されるのは、154ccの軽量なSEPエンジン。ロングストロークエンジンとなり、中低速で高いトルクを発揮するとともに優れた燃費性能を兼ね備える。スムーズなスタートと気持ちの良い加速感を味わえる。また最新(令和2年)の国内排出ガス規制にも対応している。ライトなボディとアップライトなハンドル、そして低めの設定となるシートポジション設定とも相まって、軽快かつ快適なライドを実現してくれる。

スポーティ感溢れるトリトンブルーメタリック 精悍かつクールな雰囲気のグラススパークルブラック アクティブな印象を与えるソニックシルバーメタリック/パールブレイズオレンジ
カラー&グラフィックも新しくなり、スポーティ感溢れるトリトンブルーメタリックをはじめ、精悍かつクールな雰囲気のグラススパークルブラック、そしてアクティブな印象を与えるソニックシルバーメタリック/パールブレイズオレンジの3色を展開。ホイールに配されたアクセントカラーもポイントとなっている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

普通二輪免許で味わえるホンダの最高峰バイク、SHOEIの注目必至ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【刺激的な走りを思いのままに】ヤマハのロードスポーツモデル「MT-09」がデザイン、操縦性、先進性で更に進化!

【SHOEIの優秀ヘルメット】備えあれば憂いなし!ツーリングにもってこいの新型「GT-Air3」に注目必至

【人気スクーターを体験】ベスパ「GTS150クラシック」の乗り心地は?ショートツーリングに出かけてみた

【世界が注目するスズキのバイク】非日常感を手軽に味わえる「GSX-S1000GX」「GSX-8R」がついに発売開始!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!