MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【限定発売のオフロードバイク】人気集中の予感!? ヤマハの“YZ誕生50周年”を記念したアニバーサリーモデルに注目!

執筆者:

YZ250F(50th Anniversary Edition) ¥973,500(税込)

この記事の画像一覧を見る(12枚)

アウトドアブームの中、肉を焼いて食べて、テントを張って寝る、というリラックスキャンプに飽きた人たちの目が、アウトドアアクティビティに目が向きはじめている。そこでご紹介したいのがが、オフロードバイクだ。オフロードバイクには、大きく分けて2種類のモデルがある。公道を走れるモデルと、公道を走れない競技用のモデル。

オフロードバイクの持つポテンシャルを存分に楽しむには

YZ125(50th Anniversary Edition) ¥792,000(税込)一般公道を走れるモデルは、二輪免許を取得していてなおかつ125cc以上ならば高速道路の走行も可能。タンデム仕様になっていれば、二人乗りで高速移動ができる。都会の喧騒を高速道路で一気に駆け抜け、山道や林道などの未舗装コースまで辿り着けば、オフロードバイクの持つポテンシャルを存分に楽しむことができるだろう。

競技用のモデルには、ウインカーもヘッドライトも、ストップランプもナンバープレートも存在しない。それどころか、そのバイクを乗るための免許すら存在しない。2輪免許の取得は16歳からだけど、競技用のオフロードバイクなら子供だって乗ることができ、オートマチックエンジンを搭載するキッズ向けファンバイクも存在するくらいだ。

競技用モトクロスの頂点に立つ「YZシリーズ」

YZ450F ¥1,182,500(税込)競技用のオフロードバイクの中にも、大きく分けて2種類のタイプがある。1つがモトクロス競技用とクロスカントリー競技用。モトクロス競技は未舗装の起伏に富んだ周回コースで速さを競うレース。クロスカントリー競技は自然の地形を最大限に利用し、山道や林道などの未舗装コースのある区間区間でタイムアタックを行い、その合計タイムの少なさを競い合う。

YZ65 ¥511,500(税込)ヤマハ発動機はモトクロス競技用バイク「YZシリーズ」の2024年モデル9機種を発表した。「YZシリーズ」は競技用モトクロスの頂点に立つバイクで、排気量は65ccのキッズモデルYZ65からエキスパートモデルのYZ450Fまでラインナップする。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【400ccクラス最強のバイク】「ホンダ CBR400R」は普通二輪免許で味わえる“最高峰レベルの走り”を手に入れられる一台だ

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!