MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集使用レポート

【早くも人気沸騰中のバイク】スズキの新型スポーツクロスオーバーモデル「Vストローム250SX」でツーリング!『試乗レポート』

執筆者:

スズキのライトなスポーツアドベンチャーモデル「Vストローム250SX」でツーリングを体験

この記事の画像一覧を見る(25枚)

今年の夏の終わりに発売され、早くも人気となっているスズキのライトなスポーツアドベンチャーモデル「Vストローム250SX」。スズキを代表するアドベンチャーシリーズのスタイルを継承するモデルではあるが、すでに人気を確立している同排気量の「Vストローム250」とは見た目も走りも全く異なり、また違った魅力を備えている。これまでアドベンチャーモデルというと、様々なバイクを経験したライダーが選ぶ、やや玄人向けのものというイメージが強いのだが、そんなイメージを変えてくれそうなモデルということで、ツーリングへと出かけてみた。

軽快な走りを予感させるエッジを効かせたスタイリング

「Vストローム250」は特徴的な丸目のヘッドライトに丸みを帯びたスタイリングの「Vストローム250(黄色)」とヘッドライトは印象的な八角形のデザインで、スタイリングはよりエッジを効かせたシャープなフォルムとなっている「Vストローム250SX」「Vストローム250SX」のスタイルを語る上で、その比較対象となるのが同シリーズ&同排気量の「Vストローム250」。「Vストローム250」(写真左)は特徴的な丸目のヘッドライトに丸みを帯びたスタイリング、そして足元はオンロードタイヤを備え、比較的親しみやすい印象を受ける。

一方「Vストローム250SX」(写真右)はVストロームシリーズの特長的な口ばしデザインは継承されているもヘッドライトはモダンかつ印象的な八角形のデザインで、スタイリングはよりエッジを効かせたシャープなフォルムとなり、足元にはセミブロック調のタイヤを備えて、やや尖った印象を受けるスタイリングに仕上げられている。

またボディサイズも「Vストローム250SX」のほうが全長と全高があり、フロントに19インチのタイヤを備えているとこもあって存在感があり、より大きく感じられる。個人的な好みにもよるがスポーティなスタイルが好きという人には「Vストローム250SX」が合っているかもしれない。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【スズキの使える軽ワンボックス】クラストップレベルの積載能力でアウトドアでも◎ 「エブリイ」が一部改良で新登場

【400ccクラス最強のバイク】「ホンダ CBR400R」は普通二輪免許で味わえる“最高峰レベルの走り”を手に入れられる一台だ

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!