MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集本当に使える!新・三種の神器

【G-SHOCKのマストバイ】初号機のデザインはそのままにフルメタル化&先進機能を搭載……「いま買って間違いない」大正解の最新モデルとは?

執筆者:

G-SHOCK GMW-B5000D-2

この記事の画像一覧を見る(12枚)

人気と実力に歴史と伝統も兼ね備えた鉄板ブランドから、絶対に間違いのないベストバイをご紹介する特集「鉄板ブランドのベストバイ!」。

今回は絶大な支持を集める鉄板人気ブランド「G-SHOCK」の最新アイテムからマストバイの大正解をご紹介!

世界が認めたタフウォッチの王様

ブルーガラスを蒸着!G-SHOCKは、独自の耐衝撃構造で今まで世界を驚かせてきた日本を代表する鉄板ブランド。1983年に初号機と呼ばれるDW-5000Cを発表して以来、40年以上を経て、クオーツはタフソーラーに、時刻合わせはマルチバンド6による時刻修正システムに進化。スマホアプリと連携するモバイルリンク機能の搭載にまで至っている。

今回、ベストバイに選んだ4月発売の最新モデル「GMW-B5000D-2」は、2018年に発表されたDW-5000をベースにしたフルメタルG-SHOCKのブルーカラーモデル。初号機の象徴であるスクエアデザインを継承しながら、中身はフルメタルの耐衝撃構造と機能を搭載。高級感のあるフルメタルケースと爽やかなブルーのコンビは注目度も満点だ。

【G-SHOCKをおさらい】
1983年、初号機と呼ばれるDW-5000Cの発売以来、タフネスを追求し続けてきた。構造、素材、機能など進化を続け、世界中で愛されるタフウォッチの象徴となる。

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/岡藤充泰

ライター/岡藤充泰

ファッション、カバン、革小物、クルマ、家電などあらゆるジャンルに精通する、この道30年以上のベテランモノライター。プライベートではキャンプと車をこよなく愛する。

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【G-SHOCK待望の注目作】MT-Gシリーズの新作は広大な宇宙空間に輝く散光星雲がモチーフ

【G-SHOCK】サッカー・イニエスタ選手が自ら監修!キャリア通算1000試合出場を記念したシグネチャーモデル「DW-5600AI」

【無敵すぎるスマートウォッチ】ポラールのミルスペックモデル「Grit X2 Pro」「Grit X2 Pro Titan」がデビュー

【G-SHOCKの待望作】25周年記念モデルのカラーを忠実に再現した「CRAZY COLORS 2024」に注目!

【G-SHOCK、ノースフェイス、無印良品、吉田カバンの鉄板アイテム多数登場】MonoMax5月号の表紙を公開!【付録はナンガ!】

【新レトロウォッチ】アディダス オリジナルス「デジタル ツー クリスタル」は80年代のムードを簡単に演出できるスケルトンボディ!

MonoMax編集長も太鼓判! 夏の不快感の原因は「汗」! それを打破してくれるのがずばり「アセドロン」なんです!

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!