MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集体験レポート

【乗っちゃえNISSAN】GT-R、フェアレディZ、車中泊用キャラバン…自動車ライターが“注目の日産車”を一気乗り!「試乗レポート」

執筆者:

アリア

流麗なクロスオーバースタイルのアリヤにも試乗EVをもう1台。流麗なクロスオーバースタイルを身にまとったアリアにも乗ってみた。

ダッシュボートは物理スイッチはなく、クルマの電源をオンにすると操作系アイコンが浮かび上がるアリアのインテリアもこれまた近未来的だ。ダッシュボートは従来のような物理スイッチがなく、クルマの電源をオンにすると操作系アイコンが浮かび上がる。アイコンはタッチセンサー+ハプティクススイッチ。振動によって入力をフィードバックしてくれるので、運転中のブラインドタッチでも操作感が分かりやすい。

ブレーキを4輪個別に制御しながら滑らかで走りを実現。長時間のドライブも快適に過ごせる

足元は樹脂加飾付19インチアルミホイールを履く。B9 e-4ORCEプレミアは20インチとなるモーター走行ならではのレスポンスに優れた走りは滑らかでなかなかの心地良さ。アリアに採用されているモーター4WD「e-4ORCE」は、前後に合計2基の電気モーターを搭載していて、前後トルクを緻密にコントロールしながらブレーキ時などの車体の揺れを抑える制御まで行ってしまうスグレモノ。コーナリング時も前後のトルク配分を適切に調整し、ブレーキを4輪個別に制御しながら滑らかで走りを提供している。長時間のドライブも快適に過ごせることだろう。WLTCモード610kmという航続距離(B9 e-4ORCE)も頼もしい。

EV購入の大きなハードルがある。割高や価格や充電などの利便性の問題だが、価格に関しては国や自治体の補助金、エコカー減税といった手厚いサポートが受けられる。サクラ(車両価格254万8700円〜)の場合、補助金総額126万5600万円(東京都在住の場合)+エコカー減税1万5600円、アリア(車両価格659万円〜)の場合、補助金総額159万8500円(東京都在住の場合)+エコカー減税4万8500円と、一気に購入のハードルは下がる。また、日産の販売店には充電スポットがあるので利便性も高い。気兼ねなく充電スポットを使えるのはありがたい。

近年、災害時に大容量バッテリーを搭載したEV(電気自動車)や電動車(e-POWER)を、非常用電源として活用する動きが広がっている。1500WのAC電源コンセントから家庭用の電化製品を長時間使用できるので心強い。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「新たな“本命車中泊カー”登場間近!?」日産MYROOMシリーズの人気車キャラバンに続いて“NVバネット”の開発がスタート!

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ