MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

7月号通常号

7月号通常号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1,290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集体験レポート

【乗っちゃえNISSAN】GT-R、フェアレディZ、車中泊用キャラバン…自動車ライターが“注目の日産車”を一気乗り!「試乗レポート」

執筆者:

キャラバン・マルチベッド

キャラバン・マルチベッドは、高い積載性はそのままに車内での快適な休憩や宿泊のための機能を確保もう1台、キャラバン・マルチベッドは、高い積載性はそのままに車内での快適な休憩や宿泊のための機能を兼ね備えているのがポイント。

荷室スペースには左右跳ね上げ式のベッドを装備

ベットは左右それぞれ独立で、片側に大物ギアを積載した状態で、車内で寝たり、腰をかけた状態で作業できたりする後部の荷室スペースの左右跳ね上げ式のベッドは、荷室全面に展開できるだけでなく、左右それぞれ独立させた状態で使用することもできる。片側にキャンプやスポーツで使う大物ギアを積載した状態で、車内で寝たり、腰をかけた状態で作業できたりするスペースになる。床面は硬質フロアパネルを装備しているので、バイクや自転車を搭載するなどタフな用途にも対応。

床面は硬質フロアパネルを採用。ちょっとくらい濡れたり汚れたりしても、さっとクリーニングすればOKだちょっとくらい濡れたり汚れたりしても、さっとクリーニングすればOKだ。アウトドアでのスポーツやホビーのトランスポーターとして、テレワークの仕事部屋としてなど(脱着式テーブルを装備)、使用シーンに合わせてマルチに使いこなしてはいかがかだろうか。

アウトドアユースを前提に開発された、キャラバンMYROOMやキャラバン・マルチベッドといったクルマは、災害が起きたときの一時的な避難先としても活躍してくれるはずだ。

 

取材・文/近藤暁史

この記事の画像一覧
  • ファイナルモデルとなる2025年モデルの「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」
  • ルーフやボンネットなどカーボンパーツがてんこ盛り。徹底した軽量化が施されている
  • リヤウイングのデカッ羽根ぶりも目を引く
  • 室内もカーボンフルフルバケットシートでリアルグランツーリスモ状態
  • 歴代最強のVR38DETTエンジン。2007年登場時の353kW/588N・mから419kW/637N・mにまでパワーアップ
  • アクセルペダルを踏み込むと猛烈な加速が立ち上がる
  • フロントノーズやファストバックスタイルのリヤシルエットなど往年のファンにはたまらない現行フェアレディZ
  • クルマとの一体感が楽しめる走りがフェアレディZの魅力
  • 発売当初から注文が殺到。現在は受け付けが一時停止になってしまっている(2024年4月現在)
  • 伝統の3連サブメーター
  • 背の高いSUVたちの間を縫ってキビキビと走る気分は爽快この上ない
  • EV売れ筋No.1が軽自動車のサクラ
  • クオリティの高さもサクラの人気の理由だ
  • 運転席前に7インチと9インチのディスプレイが並んだ先進的なデザイン
  • 国内EV販売の5台に1台がサクラ
  • プロパイロットをはじめ、先進運転支援技術も充実
  • 流麗なクロスオーバースタイルのアリヤにも試乗
  • ブレーキを4輪個別に制御しながら滑らかで走りを実現。長時間のドライブも快適に過ごせる
  • ダッシュボートは物理スイッチはなく、クルマの電源をオンにすると操作系アイコンが浮かび上がる
  • 足元は樹脂加飾付19インチアルミホイールを履く。B9 e-4ORCEプレミアは20インチとなる
  • 車中泊用ベッドを備えた簡易キャンパー仕様のキャラバンMYROOM
  • 自分のお気に入りの部屋ごと自然の中に持ち込んでリラックス(憩うこと)ができるクルマとして開発した
  • 【乗っちゃえNISSAN】GT-R、フェアレディZ、車中泊用キャラバン…自動車ライターが“注目の日産車”を一気乗り!「試乗レポート」
  • インテリアは木目調パネルをふんだんに使用し、デザイナーズホテルのような雰囲気を演出
  • シートやテーブルの組み合わせで、リビングルームモードやベッドルームモードなどさまざまな使い分けを提案
  • 【乗っちゃえNISSAN】GT-R、フェアレディZ、車中泊用キャラバン…自動車ライターが“注目の日産車”を一気乗り!「試乗レポート」
  • ベッド下には収納スペースも出現。使用済みEVバッテリーを使用する高品質・高耐久性バッテリーもディーラーオプションで用意する
  • AC100Vコンセントや停車時換気システムを用意
  • 一部の道の駅やRVパークなどにある外部電源にも対応している
  • キャラバン・マルチベッドは、高い積載性はそのままに車内での快適な休憩や宿泊のための機能を確保
  • 荷室スペースには左右跳ね上げ式のベッドを装備
  • ベットは左右それぞれ独立で、片側に大物ギアを積載した状態で、車内で寝たり、腰をかけた状態で作業できたりする
  • 床面は硬質フロアパネルを採用。ちょっとくらい濡れたり汚れたりしても、さっとクリーニングすればOKだ

この記事の画像一覧を見る(33枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「新たな“本命車中泊カー”登場間近!?」日産MYROOMシリーズの人気車キャラバンに続いて“NVバネット”の開発がスタート!

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ