一粒で三度美味しい、ネオジテンシャ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プラモデル感覚で組み立て、楽しむ自転車

自転車を作り上げるには、その基本として高度な技術や特殊な加工、そして職人技が必要となってくる。だが、それらの方式を必要とせず、シンプルなアルミ押し出し材をボルト締めで組み立てるという新たな構造とした自転車をご存知だろうか。

 それが今回、ご紹介する「MIND BIKE(マインドバイク)」。工業デザイナーとして活動する角南健夫氏が発案・デザインをしたバイクで、(株)オオトモとのライセンス契約によって本格的に商品化。

 100年以上も変わらない従来の自転車のスタイルを革新、独特なデザインと独自の構造が大きな魅力となっている。また完成車としての販売はなく、基本は完成車キットでの販売のみとなり、自転車好きだけでなく、自身で作り上げていくという、また違った楽しみも味わえる。

 もちろん、欲しいけど自分で作り上げる自信がないという人も、指定の組み立てディーラーがあり、そちらに依頼すればしっかりと組み上げてもらえるので安心を。人とは違った自転車が欲しい、プラモデル感覚で自転車を組み立て、楽しみたいという人にマッチする一台となっている。

自分で自由に作り上げる自転車

マインドバイクは全く新しい発想から生まれた自転車で、ジョイント機能を持つアルミ押出材フレーム(意匠登録済/PAT.P)とボルトで車体全体の組立や分解が可能。まるでプラモデルのようなキット状態で販売され、フレームの長さを変えることによって、キックバイクから子供車、大人車まで組み上げることができる。また、フレームの側面は全てオプション部品を取り付けるためのガイドとなっていて、カゴやボトルケージなどを乗り手や用途に応じて、好きな場所へ取付することが可能なこともポイントとなっている。

シンプルかつ個性的、そしてエコでもある!

  

見れば見るほど、不思議なこの自転車。その特徴は、分岐のない連続したフレームにより荷重を分散する独自の構造(ワンビームコンセプト)によって、通常、自転車のフレームに必ず存在する三角形の部分がなく、極めてシンプルかつ美しいフォルムを実現したこと。また、輸送方法に部品または半完成品の状態で送り、現地で組み立てるノックダウン方式を採用することで、従来の自転車と比較して大幅な輸送エネルギーの削減も実現している。さらに、単一素材への分解が簡単、かつ主要部品に再生性の高いアルミ合金が使用され、部品のリユースやリサイクルも容易というエコな作りも魅力となっている。

自分で自由に作り上げる面白さと組み上げた自転車で走る喜び、そして個性的な車両を持つ所有感といくつもの楽しみが得られる自転車、ちょっと欲張りな人にピッタリの一台となっている。

MINDBIKE 18インチ完成車キット

【スペック】

セット内容:

・フレームチューブ2本/シートチューブ1本

・(ジョイント)ヘッドジョイント、ステム、シートベース、シートバインダ、BBユニット、エンドキャップ

・18インチHE完成ホイール前後

・組み立てボルト

・フレーム組み立て説明書

・自転車コンポーネト一式

*マインドバイクはキット販売となっています。

組み立てに自信のない方は、別途組み立てサービスをご用意させて頂く予定。

適応身長:150〜180cm

材質:フレーム A6063 T5/ジョイント A7075(アルミニウム)

重量:約11kg

タイヤ:20インチ

価格:¥180,000(税抜)

【問い合わせ】

ASK TRADING TEL.048-951-5820

ホームページ:www.mindbike.jp/index.html

取材・文/安室淳一 写真提供/ASK TRADING

 

 

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(土)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

大好評!SHIPSのコイン仕切り財布の使い方を動画で解説しま…