MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【大人のライダーに似合う一台】イタリアの歴史と風を感じられるモト・グッツィのV7シリーズに特別仕様車「V7ストーンコルサ」が登場!

執筆者:

V7の伝統を最新の解釈によって生み出されたスポーティなスタイルが大きな魅力となるV7ストーンコルサ

この記事の画像一覧を見る(13枚)

イタリア最古のオートバイメーカーとして世界的にも有名な「モト・グッツィ」。現在、日本国内では大型モデルをメインに展開が行われているが、その中でも高い人気を誇り、ベストセラーにもなっているのがクラシックなスタイルとモダンなテクノロジーを融合させたロードスポーツモデルの「V7」シリーズ。ブランドを象徴するこのシリーズは、ユニークな特徴と信頼性をキープしながら、これまで独自の進化を遂げてきているモデルでもある。

従来のラインアップであるV7ストーン、V7スペシャル、V7ストーンスペシャルエディションに新たに加わったのが、今回紹介する「V7ストーンコルサ」。V7の伝統を最新の解釈によって生み出されたスポーティなスタイルが大きな魅力となり、スポーティでありながらもエレガントな雰囲気も漂わせ、バイクライフをスマートに楽しむ大人のライダーに似合う一台となっている。

レーシングスピリットを感じさせるスタイル

クラシカルでありつつもスポーティさを大胆に表現したスタイルが大きな特徴このモデルはクラシカルでありつつもスポーティさを大胆に表現したスタイルが大きな特徴。ボディ全体のシルエットは、専用装備のフロントフェアリングからシングル風シートまでシングルシータースタイルの柔らかなラインとし、往年のレースの雰囲気を醸し出す。またカラーリングもオートバイレースの黄金時代へのオマージュとしてツートンカラーを採用、メタリックグレーのベースカラーに鮮やかなレッドを組み合わせてレーシングスタイルを強調している。

ブラックアルマイト加工が施されたアルミ製ビレット燃料キャップ、に専用プレート付きハンドルクランプ

ビビッドなレッドカラーにV7シリーズのエンブレムが光るそのほかバーエンドミラーやブラックアルマイト加工が施されたアルミ製ビレット燃料キャップに、専用プレート付きハンドルクランプ、そしてフォークブーツを廃して軽快感を与えるフロントサスペンション等の装備によってよりスポーティさと特別感を高めている。

レーシングスタイルを強調したい人に有効なシート後部に装着するハードカバーさらにレーシングスタイルを強調したい人には、シート後部に装着するハードカバーもアクセサリーパーツとして用意されている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

【バイク オブ・ザ・イヤー】大賞は「普通二輪MT免許で乗れる“憧れ”の一台」に決定!注目ベスト4選

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!