MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

執筆者:

フェラーリの新たなフラッグシップモデル「ドーディチ チリンドリ」が日本に上陸

この記事の画像一覧を見る(13枚)

フェラーリの新たなフラッグシップモデル「ドーディチ チリンドリ(12 Cilindri)」が日本に上陸し、注目を集めている。今回お披露目されたのはベルリネッタ(クーペ)だったが、フェラーリ ジャパンではスパイダーの導入も同時に発表。日本でも予約受け付けを開始し、2024年第4四半期から順次デリバリーされる。車両価格はベルリネッタが¥56,740,000、スパイダーが¥62,410,000。世界中から大きな関心を集めているが、日本ではどう受け入れられるのだろうか。

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

“跳ね馬”のDNAを完璧に体現する「12気筒」モデル

「ドーディチ チリンドリ」は今年2024年5月にアメリカ・フロリダ州でワールドプレミアされたばかりのフェラーリの新たなフラッグシップモデル。「ドーディチ=Dodici」とはイタリア語で「12」、「チリンドリ=Cilindri」は「気筒=シリンダー」という意味で、つまり「ドーディチ チリンドリ」は「12気筒」ということになる。

「ドーディチ チリンドリ」はイタリア語で「12気筒」を意味する6.5L V型12気筒自然吸気エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動する「ドーディチ チリンドリ」は、1960年代の275GTBをはじめとしたGTカー以来、フェラーリが追求してきたパワートレーン哲学の進化形であり、“跳ね馬”のDNAを完璧に体現するモデルと紹介される。

12気筒エンジンをミッドに搭載するレイアウトはレース用車両の延長であり、フェラーリのフラッグシップはフロントにエンジンを置く後輪駆動モデルこそふさわしい。それでこそ、ドライバーは“跳ね馬”を御す歓びが味わえる。

6.5L V型12気筒自然吸気エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動する

搭載されるのは最新の12気筒自然吸気エンジン「F140HD」。最高出力830PS、最大トルク678Nmを発揮する「ドーディチ チリンドリ」に搭載される最新の12気筒自然吸気エンジン「F140HD」は、最高出力830PS、最大トルク678Nmを発揮。ターボチャージャーやモーターなどのアシストに頼ることなく、最大値の80%にあたるトルクを2500rpmという低回転域で発生する。

最大値の80%にあたるトルクを2500rpmという低回転域で発生このエンジンはフロント、8速DCTのトランスミッションはリアアクスルに搭載され、「アスピレーテッド・トルク・シェイピング」と呼ばれる独自のトルク制御システムにより、最高のドライビングプレジャーを提供する。前後の重量配分は48.4:51.6で、4WS(4輪独立操舵システム)も採用される。

シャシーはオールアルミ製で、ホイールベースが812スーパーファストから20mm短縮された、まったくの新設計。0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は340km/hと公表されるが、そのパフォーマンスを支えるべく、車速に応じて可動するアクティブ エアロ、「ABS Evo」「6Dセンサー」を採用したブレーキ・バイ・ワイヤ、ドライブトレーンや足まわりを統合制御する「サイドスリップコントロール(SSC)8.0」を採用。100km/hから停止まで31.4mというデータも公表されている。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「この出っ張り、いったい何?」ドアミラーの付け根…ほか “トヨタ車にほぼ付いている”小さな突起の効果を自動車ライターが解説

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!